2015.08.04

顔だけじゃない!髪の毛の「まだら日焼け」を防ぐには?


日を追って紫外線が強くなる季節。その影響でシミやソバカスの予備軍を増やすだけでなく、肌の弾力を低下させてしまうことは、みなさんもよくご存知の通り。だから丁寧に日焼け止めを塗ったり、塗り直しを徹底しているんですよね。
では、顔と同じように髪の毛もしっかりUV対策していますか? ツヤを失ったりパサついてしまうだけでなく、髪の色にも影響が出てくることがあるんです。そこで今回は、「髪の毛のまだら日焼け」の原因と対策方法をご紹介します。

まず、顔のまだら日焼けについて再確認!

まだら日焼けを起こさないためにオススメなのが、「休憩時間に日焼け止めを塗り直す」こと。お化粧室に行く時に、必ず鏡で顔をチェックすることを習慣にしましょう。この時、日焼け止めは手で塗るのではなく、使い捨てのスポンジを使うのがコツ。衛生的なだけでなく、均一に伸ばしたり、フィットさせるのに優れているため、化粧のヨレを防げます。オフィスのデスクやポーチに、日焼け止めとスポンジを常備しておき、こまめに直すことで、均一な透明感のある肌をつくることができます。

UVヘアケアアイテム、正しく使っていますか?

紫外線が髪に与える影響は、顔の約3倍というデータがあり、近年、UVヘアケア対策アイテムが充実しています。中でもミストタイプが主流で、外出前にシュッと吹きかけることで、UVガード出来るという画期的なものが人気。ですが、使い方が間違っているのが原因で「髪の毛のまだら日焼け」を起こしていることがあるので要注意! 
使い方の基本は、「髪の毛全体に均一に行き渡るようにする」こと。髪に数回プッシュして終わり、というやり方では、当然ながら髪にまだらに製品が付着し、日焼けする部分とそうでない部分の差が出来てしまいます。
髪の毛に均一に製品をなじませて、UVガードする美髪の秘訣は、次の通りです。

美髪維持の秘訣は、UVヘアケアアイテムとコーム

最近、日中に美容室に行くと、セットの最後に「UVスプレーをかけておきますね」と、髪全体にスプレーして、さらに製品を勧めてくる美容師さんがいると思います。そこで購入した人、ぜひ気をつけてほしいのがその使い方です。美容師さんはお客様の髪の後頭部や側面を肉眼で見ることができ、製品を髪に均一に使うことが可能です。しかし、自分で同じことをしようとしても手が届かないことも。
そこで、髪のまだら日焼け対策にお勧めのグッズと言えば、コームです。外出前に、UVヘアケアアイテムを髪に吹きかけたら、髪全体になじむようにコームでとかします。この時、マイナスイオンタイプのような、髪のことを考えたコームを選び、使ったその日に洗うことも大切です。
また、製品は開封後、早めに使い切ることも美髪維持の常識です。

さいごに

髪の毛の日焼けは髪の乾燥や脱色を引き起こし、疲れた印象につながることがあります。せっかくケアしても、まだら日焼けを起こしたら無意味! ちょっとした工夫が美肌&美髪につながるので、即実践してみてくださいね!

(米村亜希子/ライター)
関連キーワード

関連記事