2011.01.25

「SUMO Paint」を使って・・・Photoshop並みの画像編集機能をソフトをインストールせずに利用する方法

「PhotoShop」といえば、プロのデザイナーなどが利用する高機能画像編集ソフトです。高度な画像処理を行うための各種機能を備えていますが、その分価格も高く、個人で所有するには少々敷居が高いといえる代物です。

 

しかし、PhotoShopを利用せずとも無料で高度な画像編集を可能にするツールがあります。しかもソフトをインストールすることなく、Webサービスとしてブラウザさえあれば利用できます。それが「SUMO Paint」です。画面にはフラッシュを採用し、高度な操作も直感的に利用できるようにしています。また、特徴として、ツールバーや各種パレットはPhotoShopに似ており、PhotoShopユーザーにはなじみのある画面となっています。

 

そこでここではWebサービス「SUMO Paint」を使い、簡単に画像を編集するための操作法を紹介します。

 

 

STEP1 Webサービスにアクセスしよう

SUMO Paintを開きます。URLは以下の通りです。
http://www.sumo.fi/products/sumopaint/index.php?id=0

 

サービスを利用するのにID/パスワードなどは不要です。誰でもアクセスするだけで同様のサービスを利用できます。

 


STEP2 画像を開こう

クライアントにある画像ファイルをSUMO Paintで開きます。メニューにある「File」をクリックし、「Open from My Computer」から画像を選択します。ネットワークの帯域次第ですが、大容量の画像ファイルをアップロードする際は時間がかかるので注意しましょう。「New Image」をクリックすれば新規でゼロから画像編集を始められます。

 

 

 

 

STEP3 画像を編集しよう

複数の機能を利用できます。例えば「レイヤー」機能。画像に複数のレイヤーを重ね、画像にさまざまな効果を追加できます。画面右側にある「Layer」パレットにあるプルダウンメニューから、さまざまな効果を設定済みのテンプレートを呼び出し、レイヤーを追加することが可能です。

 

 


画像の上に文字を挿入することも可能です。ツールバーにある「T」のアイコンをクリックすれば、文字を挿入するモードとなります。

 

 

 

 

 

 

STEP4 画像を保存しよう

編集した画像を保存することもできます。メニューの「File」から「Save to My Computer」をクリックします。保存形式はjpeg、pngと独自のsumo形式のみとなります。

 

さいごに

SUMO PaintはIDを取得してサービスを利用することで、編集した画像をWebサイトに公開することもできます。

 

画像編集は「ソフト」を使って行うのが当たり前でしたが、SUMO Paintはソフトをインストールすることなく、どのPCからでもブラウザ経由で利用できます。操作性が悪いと思われがちですが、操作もスムーズで快適に編集作業ができます。

 

ソフトに引きを取らない機能を備えていますので、ぜひ試しに使ってみてください。

 

 

関連記事