2015.07.22

女子的には残念!?彼が「キスしたい」と思う5つのタイミング

食事デートからの、夜景を見ながらキスしてからの、ラブホの部屋に入ってドアを締めてキスしてからの……
な~んてかんじで、キスを有効に(?)デートプランに挟もうと女子が思っていても、男子はそうは考えていないのが常だったりします。

ではいったい男子は、いつ、いかなるときにキスをしたいと思っているのでしょうか。
何人かの男子にお聞きしてみました。
さっそく証言をば。

1.エッチしたくなったとき

「エッチしたいなと思ったとき、となりに彼女がいれば、まあまずはキスからだろうと思ってキスをするくらいですかね」(27歳/広告)

男子って、キスを「エッチさせてもらえるかどうか」のリトマス試験紙的に利用している節があります。エッチしたいなと男子が思ってキスを迫る……キスしてくれればエッチOKだろうなと、そういう思考回路ですね。

女子的には残念かもしれませんが、まあわかりやすくていいですよね。エッチしたくなければ、キスに応じなければいいだけです。

2.前戯で気持ちよくなったとき

「前戯で気持ちよくなったとき、ぼくは彼女にキスを迫ります」(25歳/教材販売)

性的な興奮がMAX気味になったときにキスをしたくなるというのは、もう男子の定番かもしれません。
この男子だけではなく、AV男優さんを見ていてもそういうかんじの人、いっぱいいます。女子向けのAVにも、そういう男優さん、ちゃんと登場しています。

3.寝顔を見たとき

「かわいくて無防備な彼女の寝顔を見ていると、キスしたいなと思います」(26歳/通信)

こういうのは、母性本能ならぬ父性本能的なことかもしれません。相手がかわいい彼女であろうと、子犬であろうと、子どもであろうと、とにかく「守りたい」と思えばキスを……ということでしょうか。

彼にキスしてほしければ、無防備な寝顔を見せればいいということですね。

4.彼女が甘えてきたとき

「彼女が甘えてきたときに、キスしちゃおうかなと思います」(27歳/IT)

カップルでいちゃいちゃしているうちにキスになって、ペッティングが始まって……という流れは、おそらく世界共通でしょう。キスしたい女子は、彼に甘えるといいのです。

ただ、「エッチしたいわけじゃないんだけど…」という際には、引き際が肝心です。

5.発射寸前

「発射寸前って、なんなんでしょうか。とてもキスしたくなり、ぼくはキス魔になります」(23歳/PR)

こちらもAVを見るとよくわかります。見ていると、発射寸前に彼からキスをしてこなくても、女子のほうからキスを迫ると、男子はそれにバッチリ応じるようです。
気持ちがたかぶっているときにキスをしたい男子というのは、その背景に「こんなにいい女を独占したい」という気持ちが、大なり小なりあるはずです。

ということは、女子として彼に独占されたければ、彼の発射間際のキスには、しっかりと応じるといいですよね。遊びでエッチするならキスはしない、という女子もいますが、男子の独占欲を思えば、納得できますよね。

おわりに

いかがでしたか?
女子がどのていどキスをしたがっているのか、男の著者にはよくわかりませんが、もしも「彼とめちゃキスしたい」ということであれば、ご紹介した5つの状況をつくれば、いっぱいキスできるかもしれません。

(ひとみしょう/ライター)

関連記事