2015.07.22

100年の恋も冷める!男子が「ないわ…」とドン引きした女子の言動・4つ

好きな人のふとした言動で、一気に幻滅してしまったことはありませんか?

イケメンで性格も優しい印象の彼が、突然タバコをポイ捨てしたり、はたまた食事中の食べ方が汚かったり……。
そんな姿を目にしてしまうと「なんであんな奴に惚れていたんだろう……?」と、見る見るうちに恋愛感情が薄れてしまいますよね。

でも、そんな風に幻滅してしまうのは男性も同じ。今回は男性がドン引きしてしまった、女子の特徴についてまとめてみました。

1.言葉遣いが男性みたいに汚い

「言葉遣いですね。飯を食べている時も、男なら『これ、すげー旨いな!』は普通だけど、女子が『このお肉、めちゃくちゃ旨い!』と言うのはガッカリ。『美味しいって言ってほしかった』と感じちゃいます」(24歳/製造)

「女子=おしとやかであって欲しい」と感じる男性は多いもの。
たとえ男友達のように気心知れた仲でも、「言葉遣いが汚いのは女子としてどうなの……?」と考える男性は少なくないようです。

もし普段男言葉を使うことが多いなら、極力男性の前では「こんな言葉遣いしたら引かれちゃうかな……?」と、少しでもいいので気にかけてみて。

異性として意識させたいのなら、女性らしい言動をするに限ります。急になおせるものでもないので、日頃から意識しておきましょう。

2.スカートの扱いが雑

「スカートの中が見えそうなのに全然気にしてない女性って、なんだか幻滅してしまいます。
この間も電車のなかで、大股で寝ている女性を見つけちゃって『頼むから閉じてくれ……』と、すごく気になりました」(23歳/販売)

夏場はスカートを履く機会が増えますよね。異性を感じさせるために勝負服として着用する女子も多いでしょうが、スカートを履いた時はくれぐれも言動に気を付けて。

それこそ靴紐を結ぶときは、人目のつかないところでする。席に座る時はひざ掛けをするなど。
うっかり見えてしまうリスクを避けることで、男性もその行動に「女性らしさ」を感じて好感を持ちます。

特に友達と一緒にいる時、仕事疲れが溜まっている帰りの電車時は、気を抜いてうっかり……なんてことが多いので注意したいですね。

3.人前で化粧を直す

「俺は人前で化粧を直す女性がダメ。どんなに美人でも、電車で化粧をするギャル系女子高生と同じに見えてくる」(22歳/大学生)

夏場は汗をかいて、化粧が落ちてしまうことが多いですよね。だからといって、彼の前で化粧ポーチを出して鏡をチェックするのはやめましょう。

このような言動に、男性は女性としての品が欠けていると感じるだけではなく、「おいおい、こんなところで直さないでくれよ……」と人目を気にしてしまいます。
化粧直しはトイレに行った時に済ませておくのがベストですよ。

4.ムダ毛処理に無関心

「頬やうなじの産毛は許せるけど、口周りの産毛はヒゲに見えるから処理して欲しい。
なかには鼻毛がチョロッと出ている子もいるから、どう注意したらいいのかすげー困る……」(23歳/営業)

夏場は服の露出が増える時期。いくらムダ毛が薄い女子も手入れを放置していると、産毛が目立って男性に幻滅されている可能性も捨て切れないものです。

特にうなじあたりはポニーテールにしたり、浴衣を着ると目立つ部分。
彼に「意外と毛深いんだ……」なんて思われないためにも、夏場はムダ毛処理を徹底しておきたいですね。

おわりに

多くの男性が女子に「かわいらしさ」「キレイさ」を求めています。
それらを欠く言動や仕草をしてしまうと、いくら好きな子でさえも「ちょっとイメージと違う……」と感じて、男性は恋愛感情を無くしてしまうかも。

心当たりのある女子はくれぐれも注意して、女性としての魅力を損なわないようにしましょう。

(柚木深つばさ/ライター)

関連記事