2015.07.24

あなたの足元にこそ、大恋愛のきっかけは転がっている

男と女の恋のはじまりは、実に些細なことから始まります。
いまお付き合いしている恋人、または過去の恋人を思い浮かべてください。

そもそもの恋のきっかけを覚えていますか?
彼のルックスに一目惚れしたのならともかく、
それまで知り合いやちょっとしたお友達程度だった人を、
どうして好きになったのか覚えていますか?

はじまりは・・・アップルジュース

Kさんの場合は、アップルジュースでした。

サークルの学園祭での催しが無事に完遂したのを祝って、
参加したサークルのメンバー全員で「打ち上げをしよう!」となったそうです。

といっても大学の教室で、軽く乾杯する程度。
サークルの中で一番下級生である一年生のメンバーで手分けして買い出しに行き、
お酒も食べ物もソフトドリンクも各種用意し、準備万端。
あとは先輩が来るのを待つだけ・・・。

そんなとき、Kさんはそこにあった、
いっぷう変わったアップルジュースを見つけたのです。
それを物珍しく眺めていたときのこと・・・。

これまではサークル内のただの顔見知りでしかないのだけど、
何となく「カッコいいな」って、ちょっと気にかけていた男の子が近づいてきたのです。

実はそれは、その男の子がお気に入りのアップルジュース。

その男の子は、そのジュースについてどれだけ好きかを説明しました。
「アップルジュースっていろいろあるけど、その中でも“プレミアム”というちょっとランクの高いヤツなんだよね。
どこにでも売ってるというんじゃないけど、たまたま買い出しに行った店にあったから買っちゃったんだよね・・・。
でも有名なメーカーが発売しているもんで、そんなに値段が高い訳じゃないから、オレはそれを見つけるといつも買うようにしてるんだ」

そんな二言三言の会話をしていたら、先輩たちが到着したので、
そのまま打ち上げパーティとなり、
とうとうもう二度とその男の子と話す機会はなかったのですが・・・・。

彼の心に寄り添うことが、恋へと発展する

時が経ち、1年後の学園祭。
またそのときも無事に終わることができ、打ち上げパーティをやることになった時、
Kさんがその男の子を見つけ、思い切って話しかけました。

「あのプレミアムのアップルジュース、買いに行こうよ!」

・・・これは、オチちゃいますね(笑)

一年前にふたりで話した内容を覚えてくれている、というのはとてもポイントが高いのです。
しかもこの場合、「自分のお気に入り」をちゃんと覚えていてくれた、
ということで更にポイントアップ!

「オレの好きなこと、モノ」を覚えてくれている。

・・・自分の世界を大事にする男性にとって、それを覚えてくれるというのは、
自分自身を理解してくれるのと同義です。
自分を理解してくれる女性こそが、心を開ける相手たるのです。

たかが、アップルジュース
されど、アップルジュース

こんなたわいもない、些細な事だからこそ、逆に強く印象に残るいい例だと思います。

もちろんこの後、ふたりの会話が弾んだことは言うまでもなく、
あっという間にお付き合いまで発展していきました。

まずはどんなジャンルでも構いません。
男性の話に耳を傾けてみて、彼の好みを見極めてみましょう。
そしてそれを覚えておいて、次のチャンスで披露するのです。

「そういえば、こんなのが好きだったよね」って。

(神所裕之/ライター)
(ヴィエンナ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事