2015.08.09

夏野菜で脂肪燃焼!夏スタイル1ランクUPの簡単スープダイエット・食材4つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。あと、3kg!あと3kgでいいから痩せたい!!一年中思っているわけですが、夏は露出が多いこともあって切実な悩みです。ダイエットしなければ・・・でも、空腹は辛い。そんな時に便利なのがスープダイエット!今回の「チリツモ美容道」は、筆者の周りでも成功者続出「スープダイエット」についてです。20代でも30代でも40代でも、一定の効果があるスープダイエット。「一目3kg」という言葉もあるように、3kg痩せたら見た目でもわかるわけです。まずは、マイナス3kg目指して、夏野菜で頑張りましょう!

まずはトマトを用意します

スープといえばトマトです。美肌といえばトマトです。リコピンといえばトマトです。そして、夏野菜でもあるトマト!トマトは、そのまま食べると身体の熱を取ってくれるので、まさに暑い夏にはぴったりなのですが、今回の目標は脂肪燃焼なので火を通して食べます。
加熱するとリコピンも吸収されやすいことはご存知の通り。
まずは、トマトを一口大にカットしておいてくださいね。もちろん、トマトの缶詰でもOKです。

脂肪燃焼といえばモロヘイヤ

栄養素の豊富さが有名なモロヘイヤですが、代謝を上げて脂肪燃焼させるといわれるビタミンB2もとっても豊富。食べるだけで燃えるといわれるモロヘイヤです食物繊維も豊富なので、夏の便秘に悩む方にもぴったりなのです。あの「ぬるぬる感」苦手な方は入れなくてもOKです。代わりに玉ねぎなどでもおいしくできあがりますよ。

ピーマンやパプリカ

ピーマンやパプリカも脂肪燃焼ビタミンといわれるビタミンB2たっぷり。
ビタミンCも豊富なので、夏にはぜひ食べたい食材です。色味もキレイなので、スープにはもってこいですね。これでもか!と脂肪燃焼ビタミンを入れてください。

お腹の足しにもなるトウガン

水分たっぷりで食べ応えのある冬瓜ですが、100gで16kcalととっても低カロリー。煮ても美味しい冬瓜は、夏のダイエットにぴったりの食材です。筆者は煮物で良く食べますが、腹持ちもいいのでゴロゴロとスープに入れたら、ひもじい空腹感とはおさらばできそうです。噛みごたえも食べ応えもばっちり!とってもおいしいですしね、冬瓜。冬瓜が入っているだけで満足度が急上昇です。

薄味でモリモリ食べよう

全ての材料を軽く煮て、コンソメと塩・コショウで味付けしたら、できあがり。とっても簡単ですが、問題は食べるタイミングです。基本は、夜ごはんをスープだけにします。味に飽きたらちょっとベーコンなんかを足してもOKです。筆者は隠し味にジンジャーハニーを入れたりもします。それでも、一目3kgの効果はあるようですよ。

おわりに

スープダイエットがうまくいってリバウンドしていない方は、普通の食事に戻してからも野菜スープを良く飲んでいるような気がします。スープを飲んで空腹感を和らげてから普通の食事を摂られているようです。スープダイエットおわりー!と喜び勇んでトンカツ定食とデザートをかきこんだりしないようにするのも大切かもしれませんね。

(川上あいこ/ライター)

関連記事