2015.09.03

星座グループの個性に迫る!地の星座はどんな人?

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)、地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)、風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)、水の星座(蟹座、蠍座、魚座)……こうした星座グループを耳にしたことがある人もいらっしゃるでしょう。これらは、12星座を性格の違いから4つのグループに分けたものです。
各グループには3つの星座が割り振られています。同じグループの3つの星座は気質が似ていますが、異なる面も持っています。共通点を知り、共通点の中にある違いを理解して、各星座のユニークな個性に迫ってみましょう!
4つの星座グループを4回に渡ってご紹介します。

地の星座とは?

 地は、「大地」であり「土」です。地に足が着いた、地でゆく、地盤、土台、土地など、「地」や「土」を思い浮かべると、「地」のイメージに結びつくでしょう。コツコツと真面目に築き上げていくことと、積み重ねた成果となる価値や報酬、地位や名誉にも紐づけられています。
 地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)は、現実的な価値観とリアルに生きるための資質を持っています。優れた五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)にも恵まれ、実際に体感することでものの善し悪しや本質を見極めます。
時間をかけて計画的にことを進めるのが得意ですが、計画を狂わせる想定外の出来事に弱いでしょう。人を好きになってから交際をはじめるにも、時間とプロセスが必要です。交際と結婚を同時に思い描き、真面目に受け止めます。

牡牛座

 「金星」を守護星に持つ牡牛座は、地のグループの中でも「地」の五感にもっとも優れ、快適さと安心を重んじます。芸術への関心が高く、自らが手掛けることも。すべての五感を一度に刺激できる「食」は、牡牛座にとっての一番の快楽でしょう。ペースを乱されることを嫌い、状況にあわせて自分を変えることが苦手です。つねに自分のペースで地道に取り組み、偉業を成し遂げます。息の長い努力家です。

乙女座

 「水星」を守護星に持つ乙女座は、細やかな神経の持ち主。神経をフル回転させて失敗を未然に防ぎ、ベストな結果を出そうとします。細かい点まで気がつくので、どうしても完璧主義になってしまいがちですが、状況を見据えて環境を整え、軌道に乗せていくでしょう。自分のゴールを目指して周囲に働きかける有能な人です。状況に合わせて対応するけれど、鋭い観察力と几帳面さゆえの批判精神も高めです。

山羊座

 「土星」を守護星とする山羊座です。「土星」は「地」の象徴にぴったりな、努力や積み重ねのあとの揺るぎない力を意味します。苦労をするのは当り前で、苦労したからこそ受け取れるものがあることを熟知しているでしょう。
彼らは、長期的にものごとに取り組んで目標を達成します。確実性の高い道を選び、着実に計画を実行するでしょう。独自の考えを持つユニークな人ですが、冷静沈着な野心家になる人も。

おわりに

 「地の星座グループ」はいかがでしたか? 現実を見定め、目的達成のために地道に歩みを進める地の星座です。現実を見失ったときや、何から手をつけていいのかがわからないときには、強い味方になってくれるでしょう。次回は「風の星座グループ」をご紹介します!

(LUA/ライター)

関連記事