2015.07.29

ときめき3倍!女子が褒めるべき男子の〇〇・4つ

恋愛で男子を落とすために「褒める」は鉄則と聞きます。
しかし、「さすが!」「すご~い!」などが‘褒めのさしすせそ’と定義され、広く知られてから、それらをただ連呼するのはあまりにしらじらしい気がしませんか?

私たちは、男子の心に響く真の褒めコトバが知りたいのです!
そこで今回は男性たちに、「『すごい』より、3倍うれしかった褒め言葉」について聞いてきました。

1.お母さん美人だね

「別にマザコンとかってわけではなけど、家族を褒められると誇らしい気持ちになる。
『お母さんすごく美人だね』とか、『お父さん立派だね』とか。『いや、全然そんなことないよ』って返すけど、自分のルーツを認めてもらえたって嬉しい」(19歳/学生)

自分より家族を褒められる方が嬉しい!って男性、多いみたいです。

これは日本人独特の感覚でしょうか。
彼が両親や兄弟を自慢に思っているそぶりが見えたら、うまくそこをくすぐると、彼はこっそり喜んでいるかもしれません。

2.頭いいね

「見た目についてよりも、『頭いい!』って言われた方が嬉しいです。尊敬の気持ちも含まれている気がするから。
それで出来たら、受験がどれだけ大変だったかとか、就活の秘訣、今の仕事の難しいところを話したい(笑)」(23歳/商社)

女性に尊敬のまなざしでみられるのは、男冥利に尽きるそう。「頭いい」の言葉には、男性のプライドを喜ばせる要素がたくさん詰まっていますね。

そこに付随する苦労話にもうんうんとキラキラした目で食いついて。

3.肌めっちゃきれい

「『かっこいい』ってだけだとあんまり信憑性がないけど、パーツを褒められると本当に思ってくれてるみたいで良い。
『肌めっちゃきれい!』って言われたとき、自分では気にしていなかったところだったから嬉しかったです」(21歳/学生)

自分が意識していなかったところを良く言われると、その相手に好感を持つという心理学の研究文を読んだことがあります。
他の人が言わなそうな、でも彼の魅力があふれる部分を伝えてあげましょう。

つるつるの肌、通った鼻筋、手の甲の線の入り方、もみあげの形…。何でもいいんです、何でも。

4.この匂い落ち着く~

「俺、けっこう汗っかきでクサいと思われてないか心配だったんですけど、『この匂い落ち着く~、好きだ~』って、体臭を褒められたときはすごく嬉しかったです。
なんか、自分匂いが好きって、根本から相性が良い気がする」(20歳/学生)

匂いを褒められると、男性は「異性として認めらている」という気がして嬉しいみたい。ちなみに、体臭自体からDNAの相性をかぎ分けられる機能は、女性にしかないそうです。

本能的に「いい匂いだなあ」と感じる男性は、生物学的にも相性〇ですから、積極的に言葉で伝えてみてください。

おわりに

いかがでしょうか。「すごいと言う機械」かのように、ただ‘さしすせそ’を連呼していては、男性から薄っぺらい女だと思われてしまうかも。

インタビュー結果を参考に、褒めのバリエーションをぜひ充実させてくださいね。

(倉持あお/ライター)

関連記事