2015.07.29

激白!ぶっちゃけ「彼が飽きている」エッチのパターン5選

いくら大好きな彼女だったとしても、毎日のようにエッチをしていたら、そろそろワンパターンのエッチも飽きたな……と思うことだってあるでしょう。

今回は、ラブラブカップルの男子に「ぶっちゃけ飽きたなと思っているエッチのパターン」についてお話をお聞きしてみました。
さっそくご紹介しましょう!

1.キスからの乳首舐め

「エッチの流れとして、キスから始めて、ぼくが彼女の乳首舐めるというパターン、あれはもう飽きました。
彼女は乳首が感じやすいので、いいみたいですが、ちがうパターンってないものかと」(27歳/IT)

どういうわけか、だいたいエッチは「上から下」に流れていきますよね。

カップルで信頼関係があれば「いきなり下から」とか、いろんなパターンが開発できるのではないでしょうか。

2.長時間のタマ吸い

「ぼくの彼女は、長時間ぼくのタマを吸ってくれますが、最初のころのような刺激がないので、違うパターンでやってほしいです」(25歳/コンビニ)

フェラの流れのなかでタマを吸うというのも、毎回やっていたら、刺激的ではなくなってくるようです。

指先でタマをこちょこちょするとか、口以外の部分を使うと、マンネリを打破できるかもしれません。

3.フェラからの挿入

「ぼくたちカップルは、いつもフェラからの挿入というパターンで、ちょっと飽きています」(24歳・運送)

一度女性のなかに入れたものを、女性に舐めさせるのも悪いなと、男子は考えているでしょうし、女子も女子で、入れたものを舐めるのに抵抗があったりするでしょうから、結局、先にフェラ……という流れになるのだろうと思います。

素股からの挿入というパターンを試してみるといいかもしれません。

4.正常位からのバック

「彼女は、正常位からのバック……という流れが好きで、もうかれこれ3年以上このパターンですが、飽きました」(26歳/自動車販売)

女子として気持ちいいパターンとか、イキやすいパターンってあると思います。
が、ときにはパターンを変えると、新しい性感帯が発見できたりして、いいものです。

このカップルの場合、正常位からの騎乗位からの寝バックとか、なんかそういうパターンでしょうか。

5.騎乗位で下から突く的なこと

「騎乗位のとき、ぼくが下から突かないと、彼女は不満らしいのですが、このワンパターンばかりで飽きました」(25歳/PR)

上突きとか下突きというようなことがよく言われますが、どんな女子であっても、いろんな体位にチャレンジしてみると、意外と上も下も気持ちいいとなったりします。

おわりに

いかがでしたか?
カップルの場合、お互いにどこをどうすれば気持ちいいのか、わかっているでしょうから、結局ワンパターンに陥りがちだったりしますよね。
毎度似たような結論で恐縮ですが、エッチは創意工夫なので、パターンを変えてやってみると意外な発見があって、とてもいいものです。

創意工夫を支えるのは、パートナーのことが好きという気持ちでしょう。愛し合っていればこそ、いろんなパターンを試してみてはいかがでしょうか?
日本には48手もあるわけですし、その組み合わせたるや、無限です。

(ひとみしょう/ライター)

関連記事