2015.07.30

ねばねばしすぎ!気になる彼に怖がられてないかの「粘着質セルフチェック」

こんにちは。ハウコレの神野悠です。
突然ですが、ハウコレ読者のみなさんは、自分が粘着質だな、と感じたことはありますか?

元カレのことをどうしても忘れられない、どうしても許せない女友達がいる、かけられた迷惑を決して忘れない…などなど。ネチネチと粘っこい性格の持ち主が粘着質というやつです。

男性からすると、彼女にしたくない子の特徴として粘着質な性格をあげる人が多いです。依存体質は、交際中も別れた後も厄介なことが多いからです。

今回は、粘着質要素があるかどうかをチェックできる4ステップをご紹介します。男の人からのリアルな声がたくさん届いていますよ…。要チェックです。

1.【気質あり】「誰かかまってくれないかな…」→寂しがり屋な人!

「常に誰かと一緒にいないと寂しいって言ってる子は、粘着質の始まりだと思うよ。
1回自分に優しくしてくれた人はがっちりホールドしちゃう傾向あるし」(23歳/会社員)

「彼氏でもない男子に、寂しいって言ってる子は、うん?ってなるかな…。いざ付き合ったら依存されそう」(22歳/学生)

毎日予定が入っていないと落ち着かない、スケジュール帳の空白が怖い、そんな方は要注意です。1人でいる時間を極力少なくして、寂しさを埋めようとする人は、粘着質の気質を立派に持っています。

人付き合いも「狭く、深く」と言えば聞こえがいいですが、自分のことを受け止めてくれる人ばかりと付き合っていませんか?セルフコントロールをしっかりすることが大切です。

2.【予備軍】「なんでもいいよ」→自分で決定しない人

「何かを決められない子って、考えてないってことが殆どだと思うんですよ。それは相手への信頼からきてるというよりは、自分が楽だから。
全部決めてもらえれば、何かあった時も何かのせいにできる。そういう子って、すごく粘着してくる気がします」(26歳/自営業)

決断に時間がかかるという人は多いと思いますが、問題は、自分で何も決めることができない人です。

「『なんでもいいんだけど、どれが良いと思う?』ってよく相談してくる子は、彼女にしたくないですね。決断を丸投げしてるってことじゃないですか。
甲斐甲斐しく世話を焼いちゃうと、甘えるのが当たり前になっちゃうから、よくないです」(27歳/会社員)

頻繁に思考停止を起こしている方、粘着体質の予備軍に仲間入りですよ。
自分で考えることができない人は、彼氏が全部やってくれることが当たり前になり、その環境に依存してしまいます。

3.【発症初期】「それ、この前話してたね」→度を越えた聞き耳

「近くにいるなら、会話に入ってくればいいのに、携帯弄りながら、他の人と話しながら、でもこっちの会話を聞いてる彼女がいて、『ああ、○○ちゃんと話してたことね』って言われた時に、怖くなりました」(23歳/商社)

何を話しているのか気になる、けれど会話に入っていくことはせず、じっと聞き耳をたてていませんか?

気になる人の近況をすべて把握しないと気に食わない人は、すでに粘着質を発症していますよ…。

4.【重症】「twitterでは呟いてるのに…」→ネットストーカー

「ネトストする子だけは絶対に無理」(20歳/大学生)

「どこまで遡ったのってくらい遡って、女の子とデートしたことをとやかく言われた時は、もうどうしようもないなって思いました」(26歳/SE)

SNSをすべてチェックして、「twitterにはいるのにLINE返してくれない…」なんて嘆いている人は、今すぐ習慣を見直す必要があります。なまじ簡単に出来てしまうからこそ、相手に恐怖を植え付けてしまいますよ、誰も得をする行為ではありません。

おわりに

いかがでしたか?
嫉妬も、依存も、少しだからこそ可愛いものとして認識されるものです。

粘着すればすれほど、関係は悪化していく一方。このセルフチェックを通して、自分の粘着度について考えてみてはどうでしょうか。

(神野悠/ライター)
(まつきりな/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事