2015.08.06

奢りたくない!男子が「ここはワリカンで」と言いたくなる女子の言動・4つ

基本的に男子は好きな女子にはご馳走してあげたいと思っているものです。
特に恋愛初期の頃は、好きな女子の前ではカッコつけたい気持ちが強く、所持金が少なかったとしても、無理をして奢ることさえあります。

しかし、そんな男子でも“この女子には一銭も出したくない”と思うことがあるのです。
今回は男子が財布の紐を締めたくなる女子の言動についてインタビューしてきました。

1.奢られて当たり前という態度

「会計時にお財布をバッグから出しもしない女子がいて、食事に誘ったことを心底後悔した。100歩譲って奢られるつもりで来ていたとしても、お財布くらい出してほしいよ。
奢られて当たり前っていう態度だと、気持ちが冷めてしまう。もちろん、その子を二度と食事に誘うことはなかったけどね」(24歳/IT)

会計時にお財布も出さずにいる女子は、「図々しい」という印象を抱かれてしまうかも。
それまで奢る気満々でいた男子でも、女子がお財布を出さないことで、気持ちが落ちてしまうのでしょう。

奢られて当たり前という態度は控えて、せめて払う気があるポーズだけでも見せた方が賢明だと言えますよ。

2.クチャラーな女子だった

「見た目がカワイイ彼女を思い切って食事に誘ったらオッケーをもらえて、舞い上がった。
けど、いざ食事をし始めたら彼女がクチャラーだと発覚。クチャクチャと店内に響き渡る彼女の咀嚼音…。
ショックが大きすぎて、立ち上がれないくらいだった。当然、奢る気も失せて割り勘にしてもらった」(22歳/学生)

これはいくら好きな相手でも気持ちが冷めてしまいますし、奢る気も失せてしまいますよね。食事のマナーはしっかりと守るに越したことはありません。

完璧でなくてもいいので、せめて相手に不快な思いをさせない努力をする必要はあるでしょう。

3. 食事中もスマホを見ている

「気になっていた女子と食事に行ったときのこと。飲み物をオーダーした後、彼女はスマホとにらめっこを始めた。
すぐに終わるのだろうと待っていたけど、一向に終わる気配なし。
食事が運ばれてきても、ずっとスマホをポチポチいじってて、話しかけても適当な返事ばかりで頭にきたから俺の分の食事代だけ払って帰ってきちゃった」(29歳/公務員)

最近、増えているのが食事中も相手を無視してスマホをいじっている女子。これはいくらなんでも相手に失礼です。奢る気が失せるのも無理ありません。

せめて食事中は相手と会話を楽しむことに注力した方がいいでしょう。誰かとスマホで連絡を取り合っていたりすると、ついやりがちなので、気をつけたいものですね。

4.他の男の話をし続ける

「良い雰囲気になっていた子がいて、食事に行くことになった。そこまでは良かったんだけど、彼女の食事中の会話が最悪だった。
どこそこの誰かにアプローチされているだの、元彼との思い出話とか、聞いていて不快なものばかり。
で、だんだん奢る気がなくなってきて、彼女にも少し払ってもらうことにした」(25歳/人事)

目の前の良い雰囲気になっている相手を無視して、他の男性の話をし続けるなんて、ひどい話ですよね。

こんな女子に奢りたいと思う男子はほとんどいないでしょう。思いやりに欠ける女子だと思われても仕方ありませんからね。

さいごに

男子が財布の紐を締めたくなる女子の言動は、男女うんぬんという話ではなく、常識はずれなものばかりですね。

ということは、相手を不快にさせないように気をつけさえしていれば大丈夫ということ。
気になる男子と食事する際は、相手への思いやりやマナーを忘れないようにしましょうね。

(羽音/ライター)

関連記事