2015.08.07

イライラ、わがままな自分を変えたい!彼を癒す「思いやり」の育て方



こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです!
今回はこちら17歳高校生から寄せられたご相談についてお答えしていきます。


「私には付き合ってた彼がいました。彼とはケンカもしょっちゅうで、毎回別れるか別れないかくらいの重いケンカでした。
その原因はいつも、私が彼を思いやれなかったからでした。そして彼から「ごめん、、限界きた。」と言われて、友達として関わることになり、別れました。

それからも付き合ってたときの変わらず連絡をとりあったり会ったりしていました。しかしケンカも相変わらずしてばかりで、付き合ってから1年以上経ちましたが、泥沼状態です。

私はどうしても彼より自分のことを優先してしまったり、1人で突っ走ってしまうクセがあります。また彼にできてないことを指摘されるとイライラしてしまいます。どういう風に意識したり、行動したりすれば自分を変えられますか?
彼を今まで傷つけた分、癒したいです。彼の笑顔をつくれる人になりたいです!」


彼が好きだから、思うように一緒にいれないと不安になって、ついわがままになってしまったり…。恋愛中の女子はありがちな行動ですよね。
では彼を思いやる余裕を身につけるには、どうすればよいのでしょうか?
一緒に考えていきましょう!

どうして自分勝手になってしまうのでしょう?

大好きな人には自分を理解して欲しいと思ってしまうのが、女心だったりします。
だから、自分を見て見て!と変にアピールしてしまったり、不安になると気持ちを押し付けるような行動が増えてしまうんですね。

まずはそんな自分の弱さをしっかり見つめましょう。
彼が隣にいてくれるのは当たり前ではなく、あなたを思って彼が何か伝えてくれるという今の状況は、とっても幸せなこと。
その事実をちょっと冷静に見れたら、きっと不安は減って、イラつきやわがままは緩和されていくかもしれません。

そして、単純に、一緒に楽しみたい、前向きに付き合っていきたいと願う相談者さんの気持ちが、逆に自分主導で突っ走ってしまう原因のひとつでもあります。ここを解消するにはどうすればいいか、考えていきましょう。

質問する癖をつけてみよう

今の自分の行動に急に思いやりを持とうと思っても、自分で気づいてすべて改善するのは難しいですよね。

まず成長の第一歩として、何か行動する前に、彼の意見を聞いてみましょう。
わからないことや不安なことを聞いたり、確認すること、これも思いやりのひとつです。
難しく考えて行動に不安を持ちながら活動するには、こちらもストレスを感じてしまいます。

それでギクシャクしてはもったいないので、まずは行動する前に彼の思いに耳を傾けてみみること!
いつも怒られたり、問題になるポイントがあるはずなので、それを思い出しながら、事前に彼とコミュニケーションをとってみましょう。

それをマメに繰り返すことで、だんだんと自分で気付けるようになっていきます。
話すことで納得できれば、相談者さんも変にイライラしたりせず、自然に改善の方向が見えてくるでしょう。

得意なポイントで彼を癒してあげて

努力はしても、自分の性格は一瞬で変えられるものではありませんよね。
メリハリを持って、自分の良い所、悪い所を使い分けてみましょう。

また自分都合で動いてしまったな、と想う瞬間があったとしたら、その分自分で彼に出来ることを考えてみましょう。

例えば喧嘩をしてしまった後にいじけたり、意地を張ったりせず、素直に謝るのも思いやりですね。
お話するのが好きなら、その後彼の話を聞いて癒してあげる。
料理を作るのが好きなら、ご飯を作ってあげて、癒してあげる。
遊ぶのが好きなら、一緒にデートのプランを考えてみる。

このように、できない自分を責めるだけでなく、自分で彼に”出来ること”を考えて実行して行くことも大切です。
自分の弱さを改善するのも重要ですが、あなたの良さは別にたくさんあるはずなのです。
そこを伸ばす楽しさも一緒に見つけていってくださいね。

(あやか/ライター)
(ヴィエンナ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事