2011.02.01

「チョコもらえた?」と聞かれたときのベストな返し方

もうすぐバレンタイン。でも、彼女がいなかったり、チョコがもらえるあての無い男性にとっては、「チョコもらえた?」なんて聞かれても、答えに困りますよね。家に帰ると「母親から毎年聞かれて困っている」なんていう男性の声もあるようです。


 


今回は、そんなチョコをもらっていないの男性が、「チョコもらえた?」と質問された際に、上手に対応するためのハウツーをご紹介します。

「バレンタインってチョコレート会社の作戦だぜ」

ご存知の方もいるかもしれませんが、日本にはもともとバレンタインという習慣がありませんでした。あるチョコレート会社が1958年に、販売促進のために、「2月14日にはチョコレートを贈りましょう」と、宣伝し始めたのがきっかけと言われています。


確かに、もしバレンタインが無ければ、日本でのチョコ売上高は、ぐんと減ってしまいそうですよね。

 

そんな歴史を利用して、そもそも、バレンタインというイベントに対して、『疑問を感じている』という意思表示をしてみましょう。そのことによって、相手の質問を跳ね返すことが出来そうです。

「ホワイトデーに困らなくて済むよ」

もし、一つもチョコがもらえなかったからと言って、気にすることはありません。冷静に考えれば、数多くチョコをもらってしまったところで、お返しが大変です。モテる男性はホワイトデーの出費がかさむとか・・・・。


不景気の時代、お財布の紐は固くしておきたいところです。前向きにとらえておきましょう。

「ダイエット中だしさ」

もしあなたが最近ふっくらしてきていたら、ダイエットを理由に、「チョコなんてもらっても困るんだよね」という態度を取るのも方法の一つですね。

 

ただし、本当は甘いもの好きだった場合、言った相手の前でお菓子などを食べづらくなりますので、注意が必要です。

「甘いものあまり好きじゃないんだよね」

上記「ダイエット中だしさ」と同様で、貰うのを最初から望んでいなかった、だから貰っていなくてもどうってことないという意思表示です。

これも、今後その人の前でスイーツなど食べづらくなるので気をつけましょう。

「去年と同じだった」

直接、「0個だった」とは言いません。ですが嘘をついたわけではありません。

これに対する受け取り方は様々です。さらなる強者は、「去年の倍だった」という手を使うのも良いでしょう。


義理チョコでも、もらえたうち!でカウント

やっぱり、ひとつももらえないのはさびしいなぁという場合。もし義理チョコをもらえたら、それを最大限に生かす方法があります。


たとえ職場の部署内で、女性陣からの1箱のチョコを男性が1粒づつ分け合う形だったとしても、それを「1」と数えてしまいましょう。例え母親からの1粒でも1箱でも、絶対値は1なのですから。

 

ただ、詳細は隠しておきたいところなので、「何個チョコもらえた?」
という問いかけには、無言で人差し指で1と答えておきましょう。それが一粒だとしても、嘘ではありません。

上級編。逆チョコにチャレンジ

そもそも「チョコをもらえるのを待っている」という姿勢は、あまりに対策がしにくいものです。


「逆チョコ」というのはご存じですか?男性から女性にチョコを贈ることです。甘いものが嫌いな女性はめったにいませんし、「○○君って優しい」なんて評価もゲットできそうです。


森永「DARS」(逆チョコ専用)


今年のバレンタインは「あげる側」に回ることで立場の逆転をはかれば、もう「チョコもらえた?」なんて質問に悩むことはありません。


いかがでしたか?使えそうなアイディアがあれば幸いです。胸を張って、バレンタインを過ごしましょう。

関連記事