2015.08.10

就活は終わったはずなのに…就活後、彼氏がそっけなくなったときどうする?



こんにちは。ライターの福井優です。今回は、18歳大学生の方からこんなご相談が寄せられました。

「私の彼氏は今まで就活生だったので、会うのを我慢したり連絡も控えめにしていました。
ようやく終わったので、これからは会えると嬉しかったのですが、会っても会話が続かなかったり、微妙に距離を取られています。
会ってるときにひっきりなしにスマホの通知音が鳴ったり電話が来て席を外されたり。
こんなときどうしたらいいのでしょう?思っていることを言ったほうがいいのでしょうか?」

彼氏が就活のときって、接し方が難しいですよね。忙しいのだろうし、ナーバスにもなっているのだろうし…応援はしたいし邪魔してはいけないけど、会いたい気持ちもいっぱい。

それでようやく会えるとなったら、彼氏はそっけなくなっている…そんな彼氏にとまどう後輩女子は今の時期に多いのではないかと思います。

まだ就活も経験してなかったら心境もわからないし、どうしたらいいかわからなくなりますよね。

就活後の彼は前とは違う

就職活動を終えた大学生は、自分の将来と向き合い、数々の会社の面接を受け、「社会の入り口」に立つために短期間で様々な経験を積んでいます。

そしてそれを乗り越えた今、意識はもう就活以前の彼とはまったく違うものになっているでしょう。
今まで「同じ大学生」カップルとして対等な関係だった彼女が、「すごく幼い」ものと感じるようになるのが彼らの特徴です。

会人数年以上経つ人であれば“大学生の幼さ”も「可愛い」と映るのですが、そこまではなれずに「自分はもう先に大人になってしまった」という、ある意味自分勝手な意識になる時期。

また、同じく就活を乗り越えた同期の女子や、OB訪問などで知り合った年上の女性などがすごく魅力的に映る時期でもあると思います。

自分も今までとは違う自分になろう

ですので、この時期に彼氏がそっけなくなるというのは大変よくあること。
そのままにしたら別れになってしまう可能性も大いにあります。ぜひ「思ってることを言う」ことを実行してください。

そして、今まで以上に勉学やサークル活動など、とにかく何かを必死で頑張り、「遊んでるだけの大学生」でいないようにしましょう。

そして将来どうしたいか、どういう仕事に興味があるかなどを真面目に考えるだけでも、今後社会人となる彼氏に「幼さ」を感じさせないことに繋がると思います。それは、自分自身の将来のためにも繋がりますよ!

別れるカップルは、実際多い

正直申し上げまして、大学生カップルは、どちらか一方でも社会に出ると別れるというパターンが大変多いです。
新しい世界でいっぱいいっぱいになる彼氏と、全然連絡もよこさず会うこともできない彼に彼女がしびれを切らして…というパターン。

ですが、心身のバランスが取れた彼女ならきっと大丈夫です。
彼の癒しとなり、時には支えとなる…そんな彼女になるためにも、彼に依存しない、自立した女性を目指してください。

ただ、相談者さんの場合はまだ18歳。無理して背伸びせずとも、対等に楽しく付き合える別の男性を見付けるのも、もしかしたらいいのかもしれませんよ。

どちらにせよ、今の彼だけに固執して視野が狭くなっては、いい道は拓けません。意識と志を高く持ち、素敵な女子大生になってくださいね。

(福井優/ライター)
(こいずみさき/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事