2011.02.02

毎日実践!肩こり解消のツボ押し方法

肩こりは筋肉の疲労と、病気が引き起こすものの二種類が存在します。ここでは、筋肉の疲労、長時間のデスクワークや不自然な姿勢で作業をした際に起きる肩こりを軽減する方法を記していきます。


老廃物の蓄積がこり、傷み

長時間同じ姿勢でいると血流が滞り、老廃物が上手く流れていってくれません。これが肩に溜まると、肩こりと呼ばれるものになります。人によっては、刺すような痛みもある筈です。溜まった老廃物を流していくと、肩こりは軽減されます。

深呼吸だけでもOK

大きく深呼吸をする、これだけでも筋肉の緊張は緩和します。新鮮な空気を体内に取り込み、血液の流れを良くします。

また、手を広げることにより、縮まっていた胸の筋肉が伸ばされ、そこと繋がる肩の筋肉のストレッチにもなります。

ツボを押す前に

親指でなく、人差し指と中指の二本か、人差し指を曲げて関節部分で押していきます。ツボ押し専用のアイテムがあればベスト。

親指を使わないのは、一本の指に負担をかけることにより、新たな疲労を生まない為です。関節で押していくと、負担は軽減されます。


親指の付け根部分を押して痛みを感じる人は、携帯電話などの使い過ぎで親指が疲れています。また、そこは消化器のツボですので、気になるようでしたら、一度、お医者さんにかかってみてください。

耳の下のツボから

重たい頭を細い首一本で支えているので、首や首を支える肩は常に疲れていて当然です。あなたの体を労わってあげてください。首と肩のこりを軽くするツボを押していきましょう。

耳たぶの先辺りを押してみて、鈍い痛みを感じる部分がツボです。リンパ節でもあります。そこを軽く押していきます。

 

続けて、ツボを押しつつ首筋にそって、老廃物を指で運んでいるイメージをしながら、首の付け根のツボまでいきます。このツボは、尖ったものでなければ、少し強く押しても構いません。

この動作を続けていると、顔の老廃物も流れていくので、顔のむくみが取れます。 

鎖骨のツボ

鎖骨と鎖骨の間のくぼみは、呼吸を整えてくれるツボです。より新鮮な空気を体に取り込めるよう、グッと下に向かって押しましょう。 

押す際、息を吐き出すと、吸い込む時に頭がスッキリする感覚がある筈です。

鎖骨の中央から指一本か二本分の所にあるツボを押していきます。これは、肩と繋がっている胸の筋肉の緊張を和らげるツボです。肩こりの人は、かなり痛いでしょう。

鎖骨中央から鎖骨の終点まで、指を滑らせます。ここに老廃物を捨てるイメージで、グッと力強く押します。ここは肩こりのツボです。リンパ節でもあります。

肩こり予防に努めて

・長時間、同じ姿勢でいないようにする
・疲れたら、深呼吸をする
・時々、運動をする
・ストレスを溜めない

どれも簡単なことばかりですが、中々出来ないですね。しかし、意識するだけでも、変わってきます。

関連キーワード

関連記事