2015.08.18

きょ、恐怖!使いすぎると彼に大切にされなくなる言葉・4つ

彼から告白されて付き合ったのに、別れ話も彼からだった!という話はよく聞きますね。
好きだから付き合ったはずなのに、気持ちが離れてしまう原因はいったいどこにあるのでしょうか?

今回は「彼女の言動」に焦点を当て、使いすぎると彼の気持ちが冷めて大切にされなくなってしまう言葉たちをあつめてみました。

1.「わかんない」「できない」

「わかんない、できない、のような、話がそこで終わってしまう言葉を連呼されるとテンションが下がってしまいます。
『無理だから』ってバッサリ切られてしまうと、『いやいや、そんなこと言わずに…』って、僕がずっと彼女の機嫌をうかがって持ち上げなければならないじゃないですか」(24歳/メーカー)

たしかにこういった否定形の言葉が口癖の女性と一緒に居たら、会話が盛り上がらずつまらなそう。

もしわからないことがあれば「わからないから教えてくれたら嬉しい」・できなそうなら「できるかどうか不安だな」など、彼がその後の返答に困らないよう謙虚な反応をすべきです。

2.「そんなに仕事が大事?」

「彼女とデートに行くための資金だってなんだって、仕事を頑張った報酬から来ているんです。
それなのに仕事の忙しさを非難されると、『だったら四六時中相手してくれる相手を見つければいいよ』と思ってしまう」(25歳/証券)

男性にとって仕事と恋愛は完全に別物です。
何事も器用に平行できる女性と違って一つのことにしか集中できない男性は、恋愛初期が過ぎればどうしても仕事で頭いっぱいになりがち。

そこで不安になって鬼のように責め立ててしまうと、さらに彼の気持ちが離れるだけですよ。

仕事がひと段落したら自然と「会いたい」って思われるように、ここは自分も恋愛意外に熱中するのが良し。

3.「エッチしたい」

「女性の方から誘われすぎると冷めてしまう。自分勝手で申し訳ないけど、することを強要されると、義務感が大きくなって萎えるんです」(26歳/銀行)

「仕事で疲れて性欲がなくなっていたとき『何でしないの?もう私のこと好きじゃないなら言って』と問い詰められて辛かった」(25歳/映像)

男性のしたい気持ちというのは、禁忌感・背徳感・支配欲などから生まれるそうです。
それを無視して女性からあまりに積極的に求めてしまうと、もはや物理的にできない事態に陥るかもしれません。

彼氏としたいときには無理に自分の気持ちを押し付けず、身なりは整えつつも「その気はないのよ」といった風を装う方が、むしろ男性をたきつけられそうです。

4.「嫌い」

「言い争いになると『もういい、〇〇なんて嫌い』が口癖の彼女だった。最初は一生懸命なだめていたけれど、段々と彼女に対する気持ちが冷めていった」(22歳/学生)

おそらく嫌い、と言うことで彼から「そんなこと言うなよ、俺は好きだよ」を引き出し愛情を感じたかったのでしょうが、毎回これでは彼もうんざりしてしまいます。
男性は「いざとなったら味方してくれない女」を大切にすることはできません。

おわりに

いかがでしょうか。男性から別れ話を切り出されると、「あのケンカが原因かな?」だとか「あのとき言い過ぎたからかな?」など、決定的な原因を探しがちです。

しかし、実は本当のきっかけというのは、日々の積み重ねである場合が多いのです。

彼をじわじわ追い詰めないよう、使いすぎてはいけない言葉には注意したいものですね。

(倉持あお/ライター)

関連記事