2015.08.21

顔よりも中身!「イケメンでも好みの顔でもない」彼と恋する4つのメリット

「性格はすごく良いんだけど、顔がね・・・」と彼との関係を発展させるのに渋っている
あなた!

顔で最終選考を落とすのはとてももったいないことなんです。彼氏を顔で選ばないからこそのメリットがたくさんあります。

今回は、彼氏を顔よりも中身で選んだほうが良い理由をまとめてみました。

1.中身を吟味できる

「顔が好みだと少し嫌な部分があっても許しちゃうじゃない?でも、顔が好みじゃないとちゃんと中身を見ることが出来る。
長所と短所がしっかり見えるし、短所でもこれは直せるとか我慢できるとか、しっかり恋人としてやっていけるか人間性を見ることが出来ると思う」(22歳/学生)

顔が好みのタイプだと「この男を逃したらもうこんなイケメンには会えない」と、中身がクズ男であっても見逃してしまいがちです。
その点、顔で選んでいない彼なら性格の短所を見逃すことなく、じっくり恋人候補として自分に合っているのか見定められます。

今まで「イケメンのクズ男」の罠にかかってきた方は、「顔が好みじゃないけど良い人」の彼となら、騙されることも苦労することもなくなるかもしれません。

2.プラス要素が多い

「顔がもう好みじゃない時点で私的には結構マイナスなの(笑)
だからこそ、付き合う前とか付き合った後とかに「こいついいとこあるじゃん」って気づきが多かった。」(21歳/学生)

初めからマイナスイメージの相手ってそれ以上にマイナスになることってなかなかないですよね。
よほどのことがない限り、付き合っていくうちに相手の長所が見えてきて、どんどん相手に好意的になります。

いつも付き合った後にわかる彼の欠点に気持ちが冷めてしまって恋愛が長続きしない方、初めからマイナスポジションにいる彼となら長続きするかもしれません。

3.ライバルが少ない

「なんといってもライバルが少ない!女同士のガチンコバトルで関係壊れることが少ないのが安全で良い(笑)
元カレが結構人気者で恋人になった途端に顔も名前も知らない人たちからの目線が痛かった経験があるから、ライバルが少ないのはとっても魅力的」(24歳/広告)

漫画やドラマの世界だけかと思われる、周囲の女の嫉妬は現実にもあるんです。
人気者の彼氏を持ったことのある人にとってはあるあるネタで、周囲が思っている以上に精神的に追い詰められるよう。

ですが、イケメンでもアイドル的存在でもない彼なら、毎日安心して愛を育むことが出来ます。

4.あれ、顔も恰好良いかも?

「顔も体型も全く好みじゃないけど、性格がすごく良くて誠実な彼だから付き合ったの。
付き合ってもっと中身に惹かれるにつれて「あれ?この人こんなに恰好よかったっけ?」ってくらい、最近は格好良いって思えるようになった!」(20歳/学生)

「そんなことあるわけない!」と思うのもわかりますが、この意見がダントツに多くあがっています。
「顔に難あり」と判断して相手の中身まで深く見ていないから、本当の彼の姿が見えていないのかもしれません。

さえない彼でも中身を知って深く付き合っていけば、いつの日か「あれ?イケメン?」と胸を躍らせる日々が待っているかもしれませんよ!

おわりに

「顔が好みじゃないからキスできない」なんて嫌悪感丸出しにしないで、一度じっくり彼の中身を見て考えてみてください。

イケてない彼がだんだん、自分好みのイケメンに見えてくるかも!?

(佐久間優/ライター)
(伊東亜梨沙/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事