2015.08.21

「どうして連絡くれないの!」連絡無精の彼対策とは?



こんにちは。ライターのmashuです。今回は、24歳の方からご相談を頂きました。

「付き合って半年の彼氏がいます。もともとすごくマメというわけではないのですが、最近はさらに連絡がすくなくなって寂しいです。
仕事が忙しいのはわかるけど、会えないからこそ、少しぐらい連絡してくれてもいいのに、と思ってしまいます。うまく伝える方法があれば、教えてください。」

ご相談いただきありがとうございます。
連絡が欲しいとき、かまってほしい時に返信がないとさみしいですよね。一番連絡が欲しい人から返事がないのは女子からしたら辛いもの。

女性は、連絡やエッチの頻度などの回数で相手からの愛をはかろうとする傾向がありますが、男性はちょっと違います。

なので、決して愛が無いから連絡しない、というわけではないことをまず大前提として踏まえておいてくださいね。
今回は、連絡無精の彼対策をご紹介します。

1.返事が無くても深く考えない

「たいてい既読無視は、深い意味がないことが大多数です。
読んで、心の中で「うん!」とか返事をして、それで返事を打った気になって、次のことに取り掛かってしまう…という行動を深く考えずにしてしちゃう」(21歳/大学生)

決して返信が無くても気にせず、何事もなかったようにまた連絡をするのが彼も気楽なスタンスになり、返信もしやすくなります。

2.自分から連絡をするときは、明るい文面で

「さみしい、とか言われちゃうとなんて返していいかわかんなくなる…」(27歳/会社員)

言葉を打つこと、表現することが苦手な連絡無精の彼は、女子の「さみしい」という感情にどう対応していいのかわからずに、余計に返信がしづらくなってしまいます。

自分から連絡をするときは、基本的に明るく笑顔で話しかけるイメージで文章をつくりましょう。
気分が落ち込んでいるときは、彼に連絡をすることは考えないほうがベターです。

3.自分の話をしたいのではなく、相手の話を聞きたいことを伝える

「なんか今日の出来事をブログみたいに送ってくれたときとか、なんてコメントしていいかわからず、結局返事できずにいる」(26歳/会社員)

「今日は体調どうだった?」
「こないだ言ってた○○どうだった?」
「次のデート何食べたい?」

など、積極的に男子が回答しやすいように引き出してあげましょう。
仕事が忙しいときは、
「いつもお疲れ様。手が空いたときに、連絡してくれるとうれしいな!」など付け加えると相手を労う気持ちも伝えられるので、なお良しです。

4.返信をたくさんしてくれた日は「忙しいのにありがとう」と伝える

「頑張って連絡とったことを感謝してもらえると、こんなに喜んでもらえるんだ!って思って、もっとがんばろって思える」(29歳/販売)

彼が、たくさん返事をしてくれたり、電話をしてくれたりした日には、必ず「忙しいのにありがとうね!久々にたくさん話せてうれしかった」「○○と話してるのやっぱり楽しい!

また、時間あるとき連絡してくれる?」など、彼が喜ぶようなことを言ってあげましょう。そういわれて、気合が出てきてしまうのが、男心です。

5.連絡来なくたっていいや!

「連絡を期待されるとプレッシャーになる…」(26歳/会社員)

「相手もサラッと連絡少ないことを受け入れてくれてたらたまには自分からも連絡したくなる」(28歳/自営業)

「なんで連絡くれないんだろ、さめちゃったのかな」「返事がこないのが気になって何をしても楽しくない…」なんてことを考えてしまっていませんか?

そんなマイナスオーラは彼にも伝わっていて、余計連絡しづらくなっているのかも。
彼から連絡が遅くたって、もし一生返事が来なくたって、命にはかかわりません。

部活や、友達・家族と充実とした時間を過ごして、彼からの連絡は「来ても来なくてもどっちでもいい」くらいのスタンスで考えましょう。

自分に自信を持って

いかがでしたか?
男子は、連絡が無いからといって決して冷めているわけでなくて、ただあなたとのやりとりに「慣れてきたから」「正直ちょっとメンドイ」と軽く考えていて、それを重くとらえられてしまうほうが冷めてしまうもの。

本当に冷めているなら、とっくの昔にフラれちゃっていますよ。現状がある以上、彼があなたを好きなのは確かなのです。
恋愛は、楽しくすることが一番大事です。少しでもマメに返事をしてくれるように、工夫してみるのも一つの楽しみ方かもしれませんね!

(mashu/ライター)

関連記事