2015.08.22

聞き取れなければこうすべし!男ウケバッチリな聞き返し方・5つ

会話の中で男性の声が聞こえにくいときがありますよね。そんなとき、みなさんどう聞き返してますか?

「え?」「なんて?」と聞き返すのはちょっとマズイかも。「ちゃんと言ってよ」というニュアンスになるので、男性は責められるような気がして落ち込んだりイラッとすることもあるのです。

「たったそれだけで!?」って気もしますが、せっかくならご機嫌を損ねずに聞き返してあげた方が空気も悪くならず好都合なので、今回は男性ウケのいい聞き返し方を紹介しましょう。

1.首をかしげて「ん?」

「レストランで周りの声がけっこううるさかったんですよ。
僕の声が聞こえてなかったとき、『ん?』って首をかしげたのがカワイかったです」(20代/SE)

仕草で間接的に「聞こえなかった」と伝えられるので、トゲのある聞き方にならないですね。

それに、小首をかしげて「?」を示すのはいかにも女性らしく可憐な印象で、ウケバッチリなのもポイントです。

2.ズイッと近づく

「女の子と学食でしゃべってたとき、かなり混んでたから声が通りにくて。
向かいに座ってた子が、僕の方に顔をズイッて近づけてくれたんですけど、妙に近くいとドキッとしますよね」(20代/大学生)

ズイッと近づけば瞬間的に恋人同士の距離になりますから、男性は思わずドキッとしちゃうみたいですね。

いい香りがしたり胸元がチラつくとよりドキッとする、という声もありました。いろんな意味で男心をくすぐれます。

3.指を立てて「もう一回」

「彼女は聞き返す代わりに、ニコッと笑って指を一本立てるんです。落ち着いてる彼女らしい仕草だなって思います」(30代/美容師)

上品さと知的な印象を与えることができるので、大人っぽさを漂わせられるようですね。

この仕草のポイントは笑顔です。真顔でやると知的を通り越して、男性をバカにしてるように捉えられる可能性ありです。
ニコッと気品あふれる笑顔で指を立てましょう。

4.メッチャ謝る

「すっげー申し訳なさそうに『ゴメン!聞こえなかった!!』って言ってくるんだけど、そこまで謝る必要ないのにって(笑)
もっと僕がハッキリ言えばよかったなって思います」(10代/大学生)

自分から謝れば「聞き取れなかった私が悪いのよ!」となるため、イラッとするどころか申し訳なくなるようです。

とはいえそこまで大げさに謝らなくても大丈夫です。
「え?」「なんて?」ではなく「ゴメン、聞こえなかった」と言い方を変えるだけで効果があるのでオススメです。

5.半泣き

「カフェで話してたら、女の子が突然泣きそうな顔になってビックリしました。
『どうしたの!?』って言ったら、『…なんて言ったか聞こえなかった』って言ってイスからずっこけたくなりましたよ。一気に力抜けて安心しました…」(20代/大学生)

話している最中に泣きそうな顔を見せれば、男性はまず驚きます。
その理由が「聞こえなかったから」だと、男性は「そ、そんなことか…」と安心して、聞き取れなかったことなんて気にも留めないという作戦です。

とはいえ、毎回聞こえないたびに泣きそうになってると「心が不安定なのかな…」と男性がおびえるので、代わりにすごく困った弱々しい表情で男性をじっと見つめましょう。
同様の効果があります。むしろこっちの方が実用的ですね。

おわりに

聞き取れない理由が、周りの騒音だけでなく、男性の声が低かったり小さい場合にも有効です。
「え?」「なんて?」と言いがちな方はこれらの聞き返し方で男ゴコロを掴んでみてくださいね。

(大西薫/ライター)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事