2011.02.08

アトピーや花粉症の緩和におすすめ!美肌・冷えにも効く☆シソ茶の飲み方と作り方

花粉症、アトピーなど、アレルギー症状の緩和にシソが良いと分かってきました。冷え性や美肌にも、効果が期待されます。しかし、シソ自体を沢山、バリバリ食べるのは難しいので、お茶にして栄養をもらいましょう。


青紫蘇か赤紫蘇か

栄養価の高いのは青紫蘇、薬効が高いのは赤紫蘇と言われていますが、成分に変わりはほとんどありません。手に入りやすいのは、通年栽培可能な青紫蘇です。

 

不味くないの?

スッキリとした飲み口で、とても美味しい和製ハーブティです。ミントやユーカリ、ローズヒップとブレンドすると、また違った味わいも楽しめます。カフェインが含まれていないので、夜に飲んでも、寝られないということはありません。

どれだけ飲むのか

シソには利尿作用のあるカリウムが多く含まれているので、沢山飲んでも、体がむくむことは、あまりありません。

 

以下のパターン1、パターン2の方法で作る場合は、水代わりに飲んでも大丈夫です。

お茶を作る【パターン1】

葉を流水でよく洗い、風通しの良い場所で、二日ほど陰干しにします。乾いたら、ミルサーなどで砕いて粉にし、出来上がりです。茶さじ一杯を湯のみに直接入れ、熱湯を注ぎ、ほんのり色づいてきたら飲み頃です。

 

漉さないことで、食物繊維も摂取します。腸内環境が整うと、アレルギー症状も緩和するといわれています。

保存方法

茶葉をタッパーなど密閉出来る容器に入れ、冷暗所で保管します。約一ヶ月、保存が可能です。ただ、いくら乾燥していても、日に日に栄養価は逃げていきますので、なるべく早目に使うようにしましょう。

お茶を作る【パターン2】

水1リットルに対し、葉を10枚用意します。葉はよく洗い、こまかく刻みます。これを鍋ややかんに入れ、水からコトコト煮出していきます。約10分、火にかけておきます。色が薄いモスグリーンになったら、漉して、出来上がりです。

保存方法

ペットボトルなどに入れ、冷蔵庫で保存します。シソ自体に防腐作用がありますが、2日で飲み切るようにしましょう。

 

2日経たなくても、変色していたら、捨てるのが無難です。

お茶を作る【パターン3】

濃い目に作る場合は、この方法が適しています。パターン1や2に比べると、薬っぽい味になってしまいますが、薬効は高くなります。

 

水1リットルに対し、葉を20枚用意します。葉は刻まず、水から煎じていきます。約30分、火にかけ、水分が半分になり、色が茶色になったら出来上がりです。

 

葉を刻んで煎じると、繊維がモロモロになってしまい、口当たりの悪いお茶になってしまいます。漉す時や、葉を引き上げる時は気を付けてください。

 

保存方法

腐敗しやすい為、保存しません。三回に分け、一日で飲み切ります。一回に付き茶碗一杯、飲みます。

 

関連キーワード

関連記事