2015.08.29

ちょっと待って!あなたの唇、黒ずんでませんか?知っておきたい4つのポイント

こんにちは!歯科医師の中嶋麻優子です!
突然ですが、みなさんの唇の色はどんな色をしていますか?

唇が黒ずんでいるために、自分の唇の色にコンプレックスを持っている人もいるのではないでしょうか。黒ずんだ唇は、不健康で疲れた印象を与えてしまい、年齢よりも老けて見えてしまいますし、リップメイクの色がうまく出なかったりすることも。ぜひとも解消したいところですよね。ということで今回は、気になる唇の色について、詳しくお話ししていきたいと思います。

1.なぜ唇の色は人によって違うのか?

唇の皮膚は非常に薄い粘膜であるため、血管の色が透けて見えます。
なので、人によって唇の皮膚の薄さや血液の状態などが異なるため、唇の色の見え方にも違いが生じてくるんです。

2.唇の黒ずみの原因は?

唇の黒ずみの主な原因は、色素沈着です。では、唇の色素沈着はなぜ起きるのでしょうか?
唇の色素沈着の原因は以下のものが挙げられます。

・紫外線による日焼け
・摩擦
・加齢
・喫煙
・乾燥

まず、紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されるため、唇が黒ずんできます。そして摩擦によっても、活性酸素が発生し、メラニン色素の生成を促してしまうことにつながります。
次に、喫煙についてですが、タバコに含まれるタールという成分が唇の色素沈着を引き起こします。さらには喫煙による唇の血行不良やビタミンC不足も唇の色素沈着の原因となってしまうんです。
また、加齢や乾燥により、皮膚のターンオーバーが正常に行われず、古い角質が蓄積されることも、唇の黒ずみの原因につながります。

3.唇の黒ずみを防ぐためには?

まず、最も重要なのは、唇の日焼け対策と保湿です。なので、日頃からUV効果の高いリップクリームをこまめに塗るようこころがけるようにしてください。また、メークを落とす時は唇に刺激を与えず、優しく落としてあげましょう。リップを塗る時も、なるべく優しく塗るようにしてくださいね。唇の縦じわに沿って塗るようにしてリップクリームを塗ってあげると、成分が唇に浸透しやすいのでオススメです。
また、リップスクラブなどを使って、古い角質を除去してあげることも効果的です。リップスクラブはお風呂上がりなどの角質が柔らくなった状態で使うと、唇への刺激が少なくてオススメです。ただし、やりすぎてしまうと、唇の健康な部分まで除去してしまうので、2週間に1度くらいのぺースで行うようにしてください。さらに、古い角質を除去した後は、しっかり保湿することも忘れないでください。

4.唇の色で体調が分かるってホント?

1で述べたように、唇の色は血液の色をダイレクトにうつしだします。そのため、貧血の人は白っぽい唇をしていたり、血液がドロドロしている人は黒ずんだ唇をしている傾向があるんです。
また、唇が赤すぎると発熱していたり、唇が青紫色や黒色をしている人は内臓の病気だったりすることもあります。

さいごに

いかがでしたか?
唇の色がキレイなピンク色だと、すっぴんにも自信が持てるので、大好きな彼とのお泊りの際にも自信がもてるはずです。
以上のことを踏まえて、みなさんも、唇のケアをしっかりし、いつまでもキレイで若々しい女性でいられるように心がけてはいかがですか。

(中嶋麻優子/ライター)

関連記事