2015.08.30

これが限界!男子が「ここまでの浮気調査ならギリ許せる」彼女の言動・4つ

こんにちは、ぽこひろです。
みなさんは、カレの浮気を疑い、実際に浮気調査を実行してみたことはありますか?

きっと、ちょっとくらいはしてみたことがある、という人が多いのではないでしょうか?
こういった調査を行う際、法に抵触してはならないのはもちろんのこと、道徳的にもカレに「こいつ、ないわ……」と思われてしまってはいけません。
「余計な心配して、かわいいやつめ」と思われるくらいのラインでなんとか済ませたいですよね。

そこで今回は、20代男子30人に「『ここまでの浮気調査ならギリ許せる!』彼女の言動」について聞いてみました。

1.スマホチェック

「別に、浮気とかなにもしてないならやましいことはないし、寝ている間にスマホ見られるくらいならなんともない。いくらでも見てって感じ」(大学生/22歳)

意外にも、これを許した男子はほとんど。寛容ですね。

しかし、「ロックを開けて見るのはダメ」と答えた男子も多かったです。「ロックかかってないならご自由に」というのが男子の総意でしょうかね。

しかし、ロックをかけている男子こそ怪しく、まさに調査をするべき対象であるので、「ロックなしならOK」というのはかゆいところに手が届かない感じがしますね……。

2.SNSを見る

「ツイッターのつぶやきとかFBの投稿なら、いくら見られてもかまわないよ。あれはそもそも公開してるものだしね」(大学院生/23歳)

男子からすると、FBの投稿写真を見た彼女から「このお店、女の子と行ったの?」みたいに聞かれるのは全然OKだそう。まさに「かわいいやつめ」って感じなのでしょうね。

3.聞く

「ストレートに『浮気とかしてない?』って心配そうに聞かれるのは全然オッケー。むしろかわいいし。裏でこそこそされるよりよっぽどマシ」(公務員/26歳)

調査というより、突撃取材ですね。こういうふうに正面切っていくなら、絶対にOKでしょう。

ただ、裏で調査する前に、まずこうやって聞いてしまうと、カレは「怪しまれてる!?」と隠蔽工作をしてしまうかもなので、その点注意は必要ですね。

4.部屋捜索

「部屋の中を見られるのは、まあギリギリ許せるかも。それもまあ、かわいいもんかな……と」(技術職/27歳)

警察ならば令状のいる捜査ですが、恋人なら、一応部屋への出入りも許されている身分なので、許されると考えてよさそうです。鍵付きの金庫などもないでしょうしね。

許せないのは……?

今回のアンケートで同時に、「許せないラインは?」ということも聞いてみました。すると、「ガチ尾行」、「メールの転送」、「スマホロックの突破」、「SNSにログインしてメッセージの監視」などが挙がりました。まあ、たしかに、という感じですよね。やや狂気を感じます。

そもそも、ここまでしなくてはならなくなっている時点で、カレのことをまったく信頼できていませんから、すでに関係はオシマイのような気もします。

おわりに

いかがでしたか?
浮気を疑ったときには、ずっと疑ったままモヤモヤしているより、いっそ調査をして「なんもないじゃん!」とすっきりしたほうがお互いのためということもありますよね。

その際には、これらのラインの範囲でやっていただけるとよいかと思います。

(ぽこひろ/ライター)

関連記事