2015.08.30

男性が彼女に「まだ元彼のこと忘れていないのでは?」と思う瞬間・4選

女性にとって彼の「元カノ」は気になる存在ですよね。でもそれは男性も同じこと。
いくら終わった相手とはいえ、ふとした瞬間に「一度好きだった相手なんだからまだ本当は好きなんじゃないの?」と疑いたくなってしまう男性も少なくないそう。

では一体、彼氏はどんな時にそのような感情に陥るのでしょうか。10代、20代男性にアンケートをとってみました。

1.貰ったものをまだ使っている

「元彼から誕生日プレゼントに貰ったらしい財布をまだ有難そうに使っている。」(19歳/大学生)

「使い勝手が良いから仕方がないのかな…」と思いつつも何となく気になってしまうのがこれなんだとか。

確かに彼が元カノからプレゼントされたものを大切そうに使っていたら、少し嫌な気持ちになってしまいますよね。

ここは新しいものに買い替えるか、彼に可愛くおねだりをして新しいものを買ってもらってしまいましょう!

2.趣味が影響されすぎている

「元彼が好きだったらしい曲をしょっちゅうカラオケで歌っている。俺が気付いていないと思っているんだろうけど、良い気分はしない。」(25歳/会社員)

「スポーツにはまるで興味がないのにサッカーだけはやたらと詳しい。彼に影響されたんだと思うと少し切なくなる。」(24歳/介護士)

「前の彼は少しギャル系の格好の人が好みだったらしく、彼女の服装をそっち路線にしていったらしい。
俺は綺麗めの服装が好みなので変えて欲しいと言ったんだけど、何だかんだ言って結局そのまま。彼女を見るといつも元彼が頭の中にちらついて、別れようか考え中です。」(23歳/公務員)

少しぐらいなら良いですが、人生に影響を及ぼすくらいの染まり方は嫌なのが男心。
彼女と元彼の絆の深さみたいなものを見せつけられているような気分になるんだとか。

彼に求められているうちが華だと思って、彼の趣味にちょっとは合わせてあげましょう。

3.元彼と比較してくる

「喧嘩になると「前の彼氏はもっと優しかった」「こんなことで怒らなかった」など元彼を引き合いに出される。
言われるたびにまだ好きなんじゃないの?と思ってしまう。」(25歳/事務)

これは男女が付き合う上で絶対にやってはいけないことです。
最初は「まだ元彼に未練があるんじゃないか」と思っていた彼も次第に「だったら俺と付き合う必要ないじゃん」と彼女への気持ちが遠のいてしまいます。

彼のことが好きなら、元彼と比較するようなことは避けましょう。

4.まだ写メや連絡先が残っている

「ふと彼女がスマホのカメラロールを見ているのが見えてしまった。
そこには何十枚と元彼とのツーショット写真が入っていた。彼氏としての自信を無くしました…。」(22歳/IT関係)

「俺には元カノの連絡先を消すように散々言っていたのに、彼女は元彼の連絡先を消していなかったことが発覚。まだ好きなのかよ、と思ってしまった。」(19歳/大学生)

元彼に直接結びつてしまうのがこれら。連絡先が残っていると「本当はまだ連絡取ってるんじゃないの」と疑ってしまいたくなるんだそう。

何もやましいことが無いのであれば元彼の連絡先は綺麗さっぱり消してしまいましょう。

おわりに

いかがでしたか実は女性よりも繊細な男心。
どんなに元彼が魅力的な男性だったとしても、今隣にいてくれているのは彼ということを忘れないでくださいね。

(和/ライター)

関連記事