2015.09.03

どこでも好印象の女の子になるために!初対面で相手の心を掴む会話・4ステップ

初対面での会話は、見た目以上にその人の印象を決めるポイントになることもしばしば。男性は言葉ひとつでグッときたりするようです。

初対面でも、そうでなくても「もしかして?」と思わせることで、自分が相手のマーケットに入る近道ができそう。会話の中で、何度も相手の気持ちを揺らすことで、相手の心を掴みましょう。

1.熱心に彼の話を聞く

話を熱心に聞いてもらえると、嬉しい気持ちになりますよね。自分の好きなことや、話していて楽しい話ならなおさらです。

もし相手の話しに、興味がなくても『興味が出てきた!おもしろい!』という雰囲気を出しましょう。よく話を聞くことは相手のことをもっと知るチャンスです。

話の内容はもちろんですが、会話のリズム、ノリなどをつかんでこちらから合わせていくことも印象が一気に良くなるポイントいなります。

2.ポイントを絞って褒める

小さなことでも、褒められたらいい気分になりますよね。それは初対面の男性も同じこと。だからと言って、やたらテンション高く「かっこいい」や「すごい」を連発してもあまり効果はありません。

むしろマイナスになってしまうことも。大事なのはポイントを絞って褒めること。他の子と違うところを褒めることができたら好感をもってくれること間違いなしです。

心に響く褒め言葉のヒントは会話中にたくさんあります。会話の内容からだけでなく、話している時の雰囲気や表情などにも注目しましょう。

3.相手の核心に触れてみる

仲良くなってきたら、相手の精神面に触れてみましょう。勇気がいりますが、相手の内面の話や、少し踏み込んだプライベートの話をするとグッと距離が縮まります。

ここでは、さらに会話の内容に同意したり褒めたりすることで『この子はわかっている』と思わせることもできます。
もしも、踏み込んだ内容に対して嫌そうにされたら、すぐにスッと引きましょう。

4.まじめな話は真剣に聞く

お互いに打ち解けてくると、まじめな話題になることがあります。
まじめな話題になれば、相手が何を大事にしているのか、物事への考え方などが見えてくるでしょう。その時には、相手に対しての尊敬を表現してください。

反対に、自分のまじめな話を聞いてもらった場合には、返事やアドバイスに対して盛大に感謝を表現すると相手の心を掴むことができます。

また、自分の話しをすることで信頼も生まれるので、『相手の内面に踏み込むのは苦手』という人は自分の話しからするのもいいかもしれません。

意識的に『間』を作る

4つのステップに共通して、会話をする上で一番大事になるのが『間』です。一生懸命話していても、一方的に話してばかりだと相手もげんなりしてしまします。

ずっと話しっぱなしでは、色気も隙もありません。『少しの間無言の時間を作る』『急に表情を変えてみる』など、意識的に間を作ってみましょう。

おわりに

初対面の人というのは、これからどんな人間関係に発展するかわからないもの。初めに良い印象を持ってもらうことで相手と恋愛関係に発展しやすくなります。

そうでなかったとしても、きっと自分にとってプラスになるはずです。会話で相手の心を掴み、いい関係を築く一歩にしましょう。

(星あの/ライター)
(吉次玲奈/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事