2015.09.04

汲み取ってあげて!男子が「もっと愛してほしい」の気持ちで使うトゲありセリフ・5選

男子のなかにも、かまってちゃんのくせに、素直になれなくて不器用で、ついつい彼女の気を引くために、トゲのあるセリフを使ってしまう人がたくさんいます。

こういったセリフの真意を知っておかないと、カレはただあなたの気を引きたいだけなのに、あなたはただただ傷ついて「さよなら……」となってしまうかもしれません。
こんな気持ちのすれ違いって、悲しいですよね……。

そこで今回は、20代男子30人に「『もっと愛して!』の気持ちで使うトゲありセリフ」について聞いてみました。

1.「気になる人ができた」

「彼女と会えなかったり連絡が全然取れなかったりしてさみしいときは、『気になる人ができた』って言う。傷つけたいのかなぁ、わからない」(フリーランス/25才)

常識的に考えて、本当に気になる人がいてその人とどうにかなりたいんだったら、彼女になんて言わずにこっそりやりますよね? 

なので、これをわざわざ彼女に言っちゃうところがポイントなんです。彼女に「嫌、ちゃんとかまってあげるから、私だけを見て!」って言ってほしいんでしょうか。面倒ですけど、かまってあげましょう。

2.「別れたい!」

「自分もたまにやってしまっていたから振り返ると恥ずかしいんだけど、ケンカとか言い合いとかの流れで投げ捨てるように言う『じゃあもう別れよう!』ってセリフは、絶対に絶対に嘘」(大学生/20才)

これは、けっこうおなじみのかまってちゃんセリフですよね。こんなに、真に受けちゃ絶対にダメ!真に受けるべきなのは、カレが静かに、思いつめた感じで言う「別れたい」だけです。

3.「俺にこだわらないでいいよ?」

「ちょっと彼女を突き放す感じで、『別に俺以外にもいい男なんているからさ』ってセリフも嘘だと思う。彼女に『そんなことない。あなただけ!』って言ってほしいんだよね」(教員/26才)

いるいるー(笑)! こういうちょっと達観した感じの、「俺、お前にこだわってませんから」って感じのセリフを言う男子。そんなの本気で思ってるわけありませんよ。

4.「距離置こうか」

「『ちょっと距離置いてみようか』みたいなのも、『別れたい』ってのと同じだと思う。それの、ソフト版かな。別れるだと、本当に別れちゃったらちょっと怖いから」(公務員/26才)

突き放したいけど、思いっきり突き放す勇気はない。そういう小さい男子が使ってしまうんでしょう。

5.「帰ろうか」

「デート中で気に入らないことがあったりすると、たまに『今日もう帰る?』とか言っちゃう。
『嫌だ!』って言ってほしいんだけど、だいたい彼女に『わかった』って言われて、俺が『やっぱりやめよう』って撤回してしまっていつも俺が完全にカッコ悪い感じで終わる(笑)」(大学生/22才)

デートでケンカとかが起きちゃったりすると、すぐにこういうことを言って軽い脅しをしてくる男子っていますよね。

でも、男子はデートの最終的な目標として「エッチ」を掲げてますから、途中で帰ったらそれが台無し。なかなか本気でこんなことを言う男子はいないでしょう。

おわりに

どうでしたか? たしかに、そもそもこういうことを言わない男子がじたら一番いいんですけど、男子は精神的にちょっと子供な人が多いんで、なかなか見つけるのは難しいかも。

なので、こういったトゲのあるセリフには、必ず裏の意味があるって思って聞いておいたほうが、彼氏との付き合いを上手に運べると思いますよ。

(遣水あかり/ライター)
(大倉士門/モデル)
関連キーワード

関連記事