2015.09.08

恋をすると痩せるってホント?「恋するダイエットライフ」

恋をすると、幸せホルモンの“セロトニン”や心身を活性化する“ドーパミン”“アドレナリン”等のホルモンが分泌されてダイエットできるということ、ご存知でしたか? 

ダイエットをサポートするホルモン

脂肪分解には、多くの酵素やホルモンが関わっています。
糖質コルチコイド(糖質代謝にかかわるホルモン)
カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン等)
グルカゴン(糖質の代謝)
リパーゼ(脂肪の代謝)
等です。
つまり、これらのホルモンの分泌が盛んになれば、脂肪代謝や糖質代謝が促進されることになりますね。

ホルモン活性化の秘訣

ホルモンを活性化するにはどうすれば良いのでしょうか?
ドーパミン・アドレナリン等は、興奮状態で活性化されます。つまり「ドキドキ」「ワクワク」すればよいのですね。そこで「恋愛」が一番効果的なのです。

セックスの消費カロリー

恋には「セックス」がつきものですが、セックスの消費カロリーはどのくらいなのでしょうか? 30分で計算すると
男性 平均101kcal(毎分4.2kcal)
女性 平均69.1kcal(毎分3.1kcal)
「Energy Expenditure During Sexual Activity In Young Healthy Couples(若く健康な男女間における性行為中のエネルギー消費)」より

とだそうです。 この数値は、ジョギングの約半分です。
昼はジョギングデート、夜は「ラブラブ」すると、ダブルでダイエット効果が期待できますね。

恋愛で女性ホルモン(エストロゲン)は分泌するのか?

ネット情報では、「恋愛でエストロゲンが増加し、痩せる!」というのがありますが、結果をいえば、エストロゲンでは痩せません。
ただ、女性ホルモンの性質をダイエットに活かすことはできます。

・生理後〜排卵迄
 ダイエットを始めるのに良い時期です。エストロゲンには脂肪代謝を促す効果がありますから、この時期に一挙にやせましょう。
生理中
ダイエットはお休み、運動は軽いストレッチ程度で済ませます。
排卵後〜整理前
一番体調が崩れやすい時期です。プロゲステロンが増え、溜め込みモードになるため、ムクミやすく、太りやすいのです。ダイエットの停滞期です。

最後に

恋愛をすると「美」を輝かせるホルモンが沢山分泌します。
でも、それはその恋愛が「素敵」な場合だけ。素敵な彼をみつけて、綺麗に痩せ、さらに愛される「美のスパイラル」を作りたいですね。

ギラギラした欲望を満たす生活は、人生の破綻につながりますよね。そこで、健康的な方法として、片思い・合コン・婚活等がお勧めです くれぐれも新入社員の追っかけや不倫はやめましょうね。会社をクビになります。リアルな恋愛で心と身体が満たされていれば、暴飲暴食によるストレス発散で「肥満まっしぐら」なんてことはなくなります。
私は既婚者なのでリアル恋愛はできませんが、いつも妄想恋愛していますよ。相手は秘密です。

(林田玲子/ライター)

関連記事