2015.09.10

「まだ若いから」は通用しない!老けて見えるブルドック顔とは?


こんにちは!歯科医師の中嶋麻優子です。
みなさんは、「ブルドッグ顏」ってご存知ですか?
年齢を重ねて、だんだんと肌の張りがなくなり、重力の力に逆らえなくなってきてしまい、頬がたるんで、まるでブルドッグのようになってしまった顔のことを言います。そして、実はたるみというのは20代後半から始まります。
「まだ若いから大丈夫」と思っているあなたも、気付かないうちにたるみ始めているかも。
というわけで、今回はそんな怖いたるみについてお話ししていきたいと思います。

1.たるみはなぜ起きるの?

たるみの原因には次のようなものが挙げられます。
・顔の筋肉のおとろえ
・顔のハリの減少
・頬のむくみ

年齢を重ねるごとに顔の筋肉は衰えていきます。食事をするときによく噛まずに飲み込んでしまうことも、筋肉の衰えにつながります。また、片側で噛む癖があったり、歯ぎしりや食いしばり癖があると、顔の左右のバランスが崩れて、顔が歪んでたるんできてしまいます。
また、加齢によってコラーゲンが減少し、顔のハリがなくなります。さらに、紫外線や乾燥、ストレスなども、コラーゲンを減少させる要因となります。
そして、頬がむくむと頬が垂れ下がり、その結果たるみにつながります。

2.むくみはなぜおきるの?

むくみは、塩分や糖分、アルコールを摂取し過ぎることで、体内のリンパの流れが悪くなり、老廃物や不要な水分が溜まってしまうことで起きます。
しょっぱいものを食べ過ぎたり、お酒を飲んだ次の日の朝、顔がむくんでパンパンになってしまうのはこのせいなんですね。
また、腎臓の働きが悪い場合も、老廃物が上手く排出されないため、むくみやすくなります。

3.たるむとどうなっちゃうの?

頬がたるんでくると、ほうれい線やマリオネットラインが深くなります。
ほうれい線とは小鼻の脇から口角にかけてある「鼻唇溝」と言われる溝が深くなったもので、マリオネットラインとは口角の脇にできる溝のことで「口角溝」とも言われています。
ほうれい線が深くなると、老けてみえたり疲れて見えてしまい、マリオネットラインが深くなると、口角が下がって怒っているように見えてしまいます。
さらに、シワはメイクでカバーできず、シワが深くなるとファンデーションが溝に入り込んでしまい、余計目立ってしまうんです。

4.たるみを予防するためには?

まずはよく噛んで顔の筋肉を鍛えることが大切です。なのでお食事を食べる時はよく噛んで食べるようにしましょう。ガムを噛むこともいいと思います。ただし、噛むときは両側でバランスよく噛むように意識してください。
また、塩分や糖分、アルコール摂り過ぎには注意しましょう。特に夜遅くにこれらの物を摂り過ぎることは止めた方がいいです。さらに、湯船に使って身体を温めると血流がよくなるので、むくみを予防できます。長時間同じ体勢でいることも、血流のさまたげになるので、なるべく避けた方がいいでしょう。
そして、なにより気を配ってほしいことは、紫外線対策と保湿です。
これらのことに気を配りつつ、よりストレスの少ない生活ができることがベストなのではないでしょうか。

さいごに

いかがでしたか?
たるみを防止するためには、日々のケアの積み重ねが大切だということがよく分かっていただけたのではないでしょうか。
日ごろからバランスのとれたお食事と健康的な生活を心がけることが何よりも重要なんです。
気付いたときにはもう遅いなんてことにならないよう、今のうちから、しっかりとケアしてみてくださいね。

(中嶋麻優子/ライター)
関連キーワード

関連記事