2015.09.05

逆に痛い!?非モテ女子がやりがちな失敗・4つ

モテる女性を見て「私もあんな風になりたい」と思いモテ女子を参考に頑張ってみても、なんだかうまくいかない上に、男性に引かれてしまっていませんか?

非モテ女子が単純にモテ女子の真似をしたからと言って、モテ女子になるわけではありません。

そこで男性に「非モテ女子がモテるためにやりがちな失敗」についてインタビューしてきました。

1.モテるための仕草がわざとらしい

「男だってバカじゃないんで、男の前だけでやっていることと普段からやっていることでは違うのはわかります。
モテたいと思ってやっている行動にひっかかるのはバカな男だけじゃないですか?」(24歳/建設)

モテる女性は可愛い仕草や女性らしい仕草ができる人が多いですが、本当にモテる女性というのはそれらの仕草を無理なく行なっているので、その自然な雰囲気も合わさって、モテる秘訣になっているようです。

その場だけで仕草を真似しても、自分のものになっていなければ違和感が生まれるだけのよう。「こうなりたい」という理想があるかたは、男性がいない時にも日頃から意識するようにしましょう。

2.意見を言うことの意味を履き違えている

「意見を求められて応えられない子も好きじゃないですが、自分の言ったことが通らないと嫌がる女子は無理。
本当にモテる子は、意見は伝えながらも、相手を尊重できる子だと思います。」(26歳/美容師)

自分の意見をはっきり言える女性と自分中心でものごとを考えているというのは大きく異なります。

いつも人に合わせてばかりいる女性は「自分」がないと思われてしまうので、男性からは何を考えているのかわからないと不評なため、意見を求められたらある程度は伝えることが大切です。

でも「自分が中心」「自分が思った通りにいかないとイヤ」というのは大きく異なるので、気をつけましょう。

3.「甘えることと」と「わがまま」を勘違いしている

「甘えてこられたり頼ってもらったりするのは好き。でもわがままは無理。こっちの気持ちや状況を理解して言ってもらえないと無理ですね。」(25歳/営業)

女性の些細な甘えや頼られることは男性は嬉しいものです。でも度が過ぎると「わがまま」になってしまい、「わがままな女性は無理」という男性は多いです。

甘えたり頼ったりするのは自分ができない範囲のことに留めておいて、自分でできることは自分でしましょう。

また彼に何かをしてもらった時にはきちんとお礼を伝えたり、彼が喜んでくれることを何かするなど、「わがまま」と思われないように気をつけて。

4.モテることに必死

「モテたいんだな、というのが伝わって来ると、もうその子がやっているいろんなことがイタく見えます。最終的にはちょっと可哀想になってきますね。」(22歳/学生)

モテる女性というのは外見や性格、心配りなどいろんな要素が重なって「モテる女性」になっているわけですが、例えこれらが全て揃っていたとしても、モテることに必死になっていてモテる女性というのはいないようです。

昔から「男性と女性の前で態度が違う女性は嫌われる」と言いますが、賢い男性は気づいているので、男性からモテようとするのではなく、女性からも好かれる女性を目指したいですね。

おわりに

こうしてみると、モテようと必死になって追求していると非モテ扱いされてしまうようです。

モテる女性の仕草そのものではなく心遣いから真似したり、人間としての総合的な魅力を磨くようにした方が良さそうですね。

(栢原 陽子/ライター)

関連記事