2015.09.05

ひと夏の恋なんてイヤ!数秘術で見る「長続きする恋愛」のポイント


数秘術とは、生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。
例)1980年2月16日
まず、年・月・日の数字をそれぞれ足して数字を出します。
1+9+8+0=18 
1+8=9 
2はそのまま 
1+6=7
その後、年・月・日の数字を足します。
9+2+7=18
1+8=9 
よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術から長続きする恋愛のポイントを導きましょう。あなたの恋はどうすれば良いのでしょうか?

1・4・22の人 嫉妬・束縛!負の感情は抑え気味で

この数字の人は相手に対して束縛や嫉妬をしやすいタイプ。
1の人は付き合いはじめとその後での態度が大きく変わりがち。最初はロマンチックなお付き合いをしていたのに、長くなってくると嫉妬や束縛する心が出てきてしまいそう。初めの頃のトキメキを忘れずにいると良いでしょう。
4・22の人は相手が離れないよう、ガチガチに束縛してしまいがち。しかし、手綱は適度に緩めておいたほうが良好な関係を長く続けられるでしょう。

2・6の人 恋は盲目!恋人に夢中になりすぎ注意

この数字の人は相手に夢中になって周りが見えなくなってしまいがち。
2の人は相手からの愛情が欲しくて世話をしてしまうタイプ。初めは良いかもしれませんが、長く続けていると自分が疲れてしまうことになるでしょう。
6の人は相手のためと思ってアドバイスするのが好きなはず。しかし、それがあまりに多いとウザったく思われてしまうかも。良かれと思っても、ほどほどにしておくのが良いでしょう。

3・5・11の人 観察!恋人を選ぶ時から注意して

この数字の人は相手に自分の性格を理解してもらう必要があるでしょう。
3・5の人は刺激やイベントがないとすぐに相手に飽きてしまうタイプ。最初から好奇心を刺激してくれる個性的な人だったり、イベントが好きな相手と付き合うと長続きするでしょう。
また、11の人は精神が複雑かつ繊細で、気分屋な所がウィークポイント。そんな所もキチンと受け入れてくれる人をパートナーにすると良いでしょう。

7・8・9の人 言わなきゃダメ!愛情はきちんと伝えましょう

この数字の人は相手が自分を本当に愛しているのか不安させてしまうタイプ。
7の人はクールで人と一定の距離を置いてしまいがち。それは恋人にも同じこと。そのため、相手は「本当に自分のことが好きなのか?」と不安になってしまいます。必要なときはキチンと愛情表現をしましょう。
また、8・9の人は仕事に夢中になったり、たくさんの人と触れ合うことが好きだったりするタイプ。相手を長い間放っておくことが無いように十分注意する必要があるでしょう。

おわりに

あなたはどのタイプでしたか?
せっかくのお付き合いですから、長く楽しく交際したいですよね。場合によっては結婚も視野に入れているのではないでしょうか。自分のタイプを把握して、彼と末永く愛し合ってくださいね。
この占いが参考になると幸いです。
                 
(脇田尚揮/ライター)
関連キーワード

関連記事