2015.09.06

ムリめな彼にも絶対効く!?最強の「3K」アプローチとは?

皆さんは「すごくモテそうな人」を好きになったとき、どんな点に気をつけてアプローチしますか?「別にいつもと同じ」という人もいれば「モテる人には慎重になる」という人もいるかもしれません。

自分のやり方でうまくいっているならいいのですが、もし「いつも即効玉砕」「メールも無視される」「気付けば都合のいい女」といった具合に失敗することが多いのなら、次に紹介する“3K”を心がけながら、彼と接してみてください。きっとこれまでと違う方向に進むと思いますよ!

1.好意 (Koui)

アプローチですから好意を示すことは大事です。といっても告白をしろということではありません。
「○○さんのこういうところ、素敵ですよね」「○○くんのこういところ、好きだなって思う」くらいで充分です。

ただ、モテる男子は日頃からほめられることに慣れています。他の女子からしょっちゅう言われる言葉を言われたところで、彼は「またか……」と思うだけ。喜ぶどころか、あなたを「その他大勢」として軽んじる可能性大。

もし彼が超絶イケメンなら、顔には一切触れず「性格が好き」と言いましょう。頭はいいけど見た目はイマイチなら、「あなたの顔が好き」と言いましょう。
他の女性と違うところを見てくれているあなたを、彼は絶対に気にし始めます。どんなところがどんな風に好きなのか、詳しく述べることも大切です!

2.軽やか(Karoyaka)

好意を示すのは大事。でも、そのときにジト~~と重たい空気が漂ってしまうのはご法度です。男性は、気持ちが真剣すぎる女性に近寄ってこられると「こりゃ面倒だぞ」と即座に察知します。そしてすかさず逃走体勢に入ります。

逆に言うと、あくまでも軽やかな態度を保っていれば、面倒がられることはありません。

女性は、相手のことを本気で好きで、かつ自分に自信がない場合、重たい空気をまといがち。モテる男性は、そういう女性の重さをさんざん見てきているので、常に軽やかに接してくれる女性を「楽でいいな~」と感じるのです。

同じ職場や学校、コミュニティで顔を合わせる機会があるなら、自分から声をかけ、常に笑顔で接しましょう。連絡をしないと接点が保てない相手の場合は、「○○さん辛いもの好きですよね?

気になる店みつけたので今度一緒にどうですか?」と何かトピックを添えて明るく誘いましょう。断られても、「残念。また誘いますね!」と爽やかに退散。これを続けていれば、そのうち「暇だしな」と応じてくれる可能性は高いです。

3.謙虚(Kenkyo)

軽やかな態度を強調しすぎると、アホっぽく見えると同時に、図々しい女、失礼な女と思われてしまう危険があります。

そうならないためには、謙虚さを忘れないことも大事です!

特にモテる男性の場合、女性にアプローチされても「俺なんかを好きになってくれたんだ(感涙)」という心境には絶対ならないので、ちょっとでも上から目線やワガママさを見せると、「そんな女を相手にするほど暇じゃない」と即切りされます。実際、いろんな人から誘われて忙しいのです。

彼が返事をくれたり会ってくれたりしたときには、「忙しい中、ありがとう」という気持ちを忘れずに接しましょう。

4.絶対にしてはならないこと

一つだけ、絶対に守ってほしいことがあります。

それは、恋人同士になる前にセックスをしないこと。

モテる男性の周りには、「セフレでもいいから」と自らを投げ出す女性が山ほどいます。その女性たちと同じ行動をしたら、「結局、他の女と一緒か」と思われてしまい、これまでの努力が水の泡です。

好きだから、どうなってもいい、むしろどうにかなりたい!と願ってしまうのは女の本能。一方で、そんなふうに簡単に手に入るものを軽視するのが男の特質です。

特にモテる男性は、簡単に身を委ねる下心ムンムン女子を山ほど見てきているので、そんな行動には心がピクリとも動きません。男として甘んじて受け入れることはあっても、その女性を本命にすることはないのです。

おわりに

好意・軽やか・謙虚の「3K」を共存させることは決して簡単なことではありません。だからこそ、実践できたら最強!

そして、モテる相手だからこそ最強のアプローチが必要なのです。頑張って実践できたら「なんで告ってこないんだ……?」と彼の方があなたを気にし始める日も遠くはないですよ!

(ヨダエリ/ライター)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事