2015.09.14

秋のトレンド!70年代風ファッションをキュートに着こなす4つのポイント


皆さん、こんにちは。
パーソナルコーディネーターの秋葉優美です。

秋のトレンドは春夏に続いて70年代風ファッションです。
今回は70年代ファッションのキーワードである「柄コーデ」「デニムコーデ」「Aラインワンピースコーデ」「同系色コーデ」の4つのポイントを使った着こなしについてご紹介いたします。
女性らしいキュートなコーディネートでデートにもお勧めです。

1.柄コーデ


ひざ上柄スカートコーデです。
派手な柄が入ったミニスカートにはベーシックカラーのニットを。

元気なビタミンカラーのスカートにはブーティーでアクティブさをプラス、
少し大人っぽい色・柄のスカートにはロングブーツを合わせてセクシーさを演出すると尚良いです。

同じニットでもスカートや靴を変えるだけで印象もガラっと変わります。
また、ブーツを履くことで短いスカートが苦手な方も挑戦しやすくなります。
他の子とはかぶらない柄ミニスカートで男性の目線も釘づけです。

2.デニムコーデ


今回はオーバーオールスカートを使ってコーディネート。

オーバーオールの下にはTシャツを合わせると元気な印象に。
ブラウスを合わせればいっきに大人のコーディネートに変身。
Tシャツと合わせる場合は、少し子供っぽさが出てしまうので、その際には足元はヒールを合わせると良いです。

また、ピアスやイヤリングでループ型の大人っぽいものを合わせたり、アクセサリーにもこだわるとよりオシャレ度もアップします。

デニムコーデはカジュアルになりすぎるからデートだとなかなか着こなせないという方も女性らしいコーディネートを意識して挑戦してみてください。

3.Aラインワンピースコーデ


Aラインワンピースはキュートコーデが好きな方でしたら1着は持っているかと思います。
Aラインワンピースを70年代風に着こなすのはニーハイブーツと合わせるのがお薦めです。
華やかな柄ワンピースにもシンプルなベーシックカラーワンピースにも合います。

ワンピースは男性が好きな鉄板ファッションでもあるので、何枚か持っていると毎日のコーディネートも迷わず楽しくなるでしょう。
短いワンピースの裾とニーハイブーツの間からちらっと太ももを見せるのも、男性をドキっとさせること間違いなしです。

4.同系色コーデ


あえて上下で同系色を使うのが今年の流行。
トップス、スカート、タイツ。
まったく同じ色を使うのではなく「同系色」がポイントです。
例えば、トップスが黒、スカートがグレー、タイツは黒。
これは定番なので、真似しやすいカラー使いですね。

トップスが赤、スカートは引締めのためダークカラー、そしてタイツは紫。
こちらは一見奇抜なように感じますが、トップスとタイツの間に入るスカートで引き締めカラーを使っているため、あえてタイツに色物をもってくることでオシャレ度がアップするのです。個性的なオシャレボーイの彼にはぐっと刺さるコーディネートです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
夏から秋にかけてファッションも変えたい時期。
ちょっとした工夫でトレンドポイントをばっちりおさえたオシャレ上級者になれます。
ぜひ挑戦してみてください。

(秋葉優美/ライター)

関連記事