2015.09.15

甘い香りを全身に!「はちみつ」の美容効果がすごい!


「はちみつの甘い香りに全身包まれたらどんなに幸せだろう」と考えたことはありませんか? 実は、はちみつは食べるだけでなく、スキンケアやボディケアなど外側からのケアでも活躍してくれる優れもの。そう、全身はちみつで包んでしまっても良いのです!
今回は心も肌も、そしてお腹も満たすべく、ハチミツを使ったケア方法を美容ライターの大野えりかが紹介いたします。

ハチミツが美肌に良い理由

はちみつには、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、そして今話題の酵素をはじめ、約190種類の成分が、配合されていると言われています。

効能として挙げられるのは、ニキビ、吹き出物など、お肌のトラブルにアプローチしてくれる殺菌作用、消炎作用、乾燥しがちなお肌を守ってくれる保湿作用、活性酸素を減らしてくれるアンチエイジング作用など、これ以外にも効能は、数えだしたらきりがないほど!ちなみに、世界三大美女のクレオパトラも、このはちみつを愛していたそうです。

「はちみつ+洗顔料」で洗顔後のツッパリ防止

はちみつを洗顔に混ぜて使うと、ほんの少し加えただけなのに、洗顔後のツッパリ感が減り、しっとりと保湿しながら洗顔することが出来ます。また、はちみつを入れる事によって泡立ちが良くなるので、お肌を優しく洗う手助けもしてくれます。

方法はとっても簡単。いつもの洗顔料にはちみつを混ぜて洗顔するだけ! 使う量は、1、2滴~500円玉程度と、推奨量は様々ですので、まずは1~2滴で試してみて、少しずつ多くしていき、自分に合ったはちみつの量を見つけてくださいね。

「はちみつ+化粧水」で肌の保湿力アップ!

洗顔後のスキンケアにも、はちみつが活躍してくれます。まずは、化粧水に混ぜて使ってみましょう。こちらも1、2滴から試し、徐々に増やしていくことで自分に合った量を探していきましょう。

基本的に、どんな化粧水とでも合わせられるのがはちみつの良いところです。また、乳液も同様に、はちみつをプラスして使うのがオススメです。はちみつは、スキンケアで用いると、保湿力がアップしますので、モチモチ、艶々のお肌にしてくれますよ!

はちみつを顔にぬってパックに!

ウォッシュパックは買うと少し高いですが、このパックもはちみつでできちゃいます!
やり方は簡単。はちみつをそのまま顔に付けていき、10分間放置した後、洗い流せば完了です。

はちみつには水分を集めてくれる「吸水性」がある上に、お肌の内部の水分をキープしてくれる「保水性」もあるので、お肌が乾燥しがちな方にぴったりなパックです。
はちみつパックは垂れ流れる事があるので、塗った上にラップをかけるとパックしやすいです。また、ラップの上から蒸しタオルなどで温めるとより効果が期待できます。

はちみつでボディマッサージ

はちみつを使ってマッサージを行うこともできます。もちろんそのまま肌につけて保湿しても良いのですが、せっかくですから+αの方法をお伝えしますね。

お肌のざらつきが気になる方ははちみつにお砂糖もしくはお塩を加えれば、ボディスクラブに早変わり! 軽く円を描くようにマッサージすると、気になるかかとや、ひじのカサカサが減り、肌も柔らかくなります。もちろん、全身に使うことができますよ。

また、オイルと混ぜれば、マッサージクリームに!マッサージに最適な柔らかさになるので、とっても使いやすいマッサージクリームになります。

おわりに

はちみつは食べるだけでなくスキンケアにも幅広く使えるので、ぜひ全身に甘い香りを纏いながら、美しい肌づくりを行ってくださいね。

(大野えりか/ライター)
関連キーワード

関連記事