2015.09.16

スケジュール管理で無理なくヤセる!「生理周期ダイエット」って?


生理周期と女性ホルモンの働きを知ってダイエットしましょう。
身体のテンポにあわせた、簡単で身体に無理のないダイエット法です。
生理周期を4つ(28日周期と仮定します)に分けてご説明します。

【生理中はダイエットをお休みします。1~7日】

生理中にダイエットをしてはいけません。
ダイエットしていなくても体調を崩す方もいます。この時期は低体温期でもありますから、身体を冷やさないよう心がけ、リラックスした気分で過ごします。
体重を落とす必要はありません。

食事
月経で不足しがちな鉄分を補うために、レバー・小松菜・ほうれん草・ひじき等を積極的に摂りましょう。
どうしても食事で摂れない場合は、サプリメントで補給します。
生活
無理をしないことが一番です。
アロマバス(湯船に5滴まで、好きな精油を入れる)でのんびり半身浴してもよいですね。

【生理後から排卵期 ダイエット期 張り切って痩せます! 8~14日】

生理が終わったら、ダイエット期です。エストロゲンの影響で体調も良く、お肌も一番綺麗な時期です。

食事
ダイエットの基本である、食べる順番ダイエット、朝の半日ファスティング、「まごわやさしい」和食メニューを中心にダイエットします。

※まごわやさしい…
ま(まめ)=豆類
ご(ごま)=種実類
わ(わかめ)=海藻類
や(やさい)=緑黄色野菜、淡色野菜、根菜
さ(さかな)=魚介類
し(しいたけ)=きのこ類
い(いも)=いも類

生活
体調も良い時期なので、積極的に運動しましょう。ジョギング・ウォーキング・水泳等の有酸素運動を中心に、スキマ時間の筋トレを組み合わせて、筋肉をつけながら脂肪を燃焼させます。

【排卵後は調整期間、痩せた体重を維持する 15~21日】

プロゲステロンの影響で、身体が蓄積モードに変わります。現状維持を目指します。
食事
ダイエット期と同様の食事を続けます。また、発酵食品やフルーツを多く摂取し、腸内環境を整えましょう。
ダイエット期と同じメニューなのにどうして痩せないのだろう?と不安になりますね。でもホルモンの影響なので心配する必要はありません。
生活
ムクミやすい時期なので、水分の摂り過ぎに注意です。
ダイエット期同様、スキマ時間エクササイズで代謝をあげ、消費カロリーを増やします。

【生理前はムクミ期 デトックスを心がけます 21~28日】

この時期は最も体重が増えやすい時期です。食事をダイエットメニューにしているのに、何故太るの?と、少しイライラしてしまう時期かもしれませんね。
イライラで過食に走っては意味がありません。1kgぐらい太っても大丈夫。すぐに戻ります。

食事
水分バランスを整える、カリウムを含んだ食品を摂りましょう。大豆・イモ類・海藻類・アボガド・バナナ等に豊富に含まれています。
私の朝のメニューは、毎日バナナと豆乳・牛乳・ココア・緑茶パウダー入スムージーとフルーツ入りヨーグルトとハーブティーです。
デトックスはもちろん、ビタミン・ミネラル等を摂りつつ、ダイエットできる低カロリーメニューです。
生活
調整期同様ムクミやすい時期なので、軽い有酸素運動を続けて汗をだしましょう。半身浴をしながら、のんびり読書も良いですね。
また睡眠前にストレッチをすると、身体がリラックスして眠りが深くなり体調もよくなります。

【最後に】

女性の身体はデリケートです。
生理周期の仕組みを正しく理解し、ダイエットに応用してゆきましょう。

(林田玲子/ライター)

関連記事