2009.12.20

AKBもチャレンジしてる!大人のアソビ・競馬の入門

「競馬ってリーズナブル!!」
そんなわけない。ギャンブルを適当にすすめないこと


どこで買えばいいの?

全国には東京競馬場(東京都府中市)、中山競馬場(千葉県船橋市)、京都競馬場(京都府京都市)、阪神競馬場(兵庫県宝塚市)の四大競馬場をはじめとして、10か所の競馬場があります。また、ウインズと呼ばれる場外馬券売り場も全国に約30か所あります。これらの場所では、その日全国の競馬場で行われる最大36レースの馬券を全て買うことができます。なお、競馬場はレースのない日も馬券売り場として機能していますが、その競馬場でレースがある日は入場料(大都市圏では200円)が必要です。

どんな馬券があるの?

JRAでは8種類の馬券を発売しています。
単勝
1頭を選び、それが優勝すると当たりとなるもっとも基本的な馬券です。
複勝
1頭を選び、その馬が3着(8頭以下のレースでは2着)以内であれば当たりです。もっとも当たりやすいですが、その分あまりいい配当は望めず、賭け金がそのまま戻ってくることもあります。
枠連
各馬には「馬番」のほかに「枠番」というものが与えられます。枠は1から8まであり、1つの枠には最大3頭が入ります。そして、番号が若い枠ほど頭数が少なくなるよう割り振られます(例・14頭立ての場合:1枠‐1番、2枠‐2番、3枠‐3番・4番、4枠‐5番・6番・・・8枠‐13番・14番)。買う際はこの中から2つの枠を選び、その枠にいる馬が1・2着になった場合は当たりです(順番関係なし)。上の例の場合、13番と14番の馬が1・2着の場合は、8-8の馬券が当たりとなります。なお8頭以下の時は枠番イコール馬番となるので発売されません。
馬連
2頭を選び、両方とも2着以内(順番関係なし)に入れば当たりです。
ワイド
2頭を選び、両方とも3着以内(順番関係なし)に入れば当たりです(例・1着6番、2着13番、3着4番の場合:当たりは6-13、4-6、4-13の3通り)。
馬単
1着と2着を順番通りに当てます。
3連複
3頭を選び、全て3着以内ならば当たりです。
3連単
1着から3着までを順番通りに当てます。最も的中が難しいですが、その分高配当が望めます。

どうすれば買えるの?

馬券を購入する時は、まず上のようなマークシートを丁寧に塗りつぶします。レース番号・馬番等の塗り違えがないよう注意しましょう。記入が終わったら、いよいよ券売機で購入します。先にお金を入れてから、マークシートを機械に挿入します。なお、一度に複数枚のマークシートを挿入することができます。コンピューターとの交信が終わると、下のような馬券が出てきます。

当たっちゃったら?

レースが終わっても、まだ当たり外れが決まったわけではありませんから、はずれ馬券を怒って捨てたりしてはいけません。着差がきわどい時の写真判定や、妨害行為が疑われるときの審議が行われます。これらの結果によっては、着順が入れ替わる時があるのです。正しい着順が決まると、電光掲示板に「確定」の赤いランプが点灯します。表示された着順を確認したら、自動払い戻し機に行き、当たり馬券を挿入しましょう。コンピューターとの交信が終わると確認画面が表示されるので、画面の精算ボタンを押します。すると機械から現金が出てきます。なお、もしも100万円以上の配当になってしまった場合、専用窓口でしか受け取ることはできません。一度そんな体験をしてみたいものですが・・・

じゃあ、どうやって予想するの?

競馬の予想にはいろいろな方法があります。好きな数字を選ぶ、新聞を読む、パドックを見る・・・それぞれ説明するだけで記事が一つ書けてしまいますね。というわけで、今度はパドックでの馬の見方について書こうと思いますが、それはまたの機会に。

関連記事