2015.09.17

ダイエットにも美容にも最適なプロテインがとれるおやつ4選


スポーツクラブにトレーニングをしに来ている方の中には「プロテインを飲んでいる」という方もいらっしゃいます。プロテインというのは、タンパク質を主成分とするサプリメントのことであり、タンパク質とは私たちの筋肉や髪、皮膚などを作っているもので、健康のためにも、美容のためにも必要なものです。

ですが、タンパク質が多く含まれているのは、お肉、魚、卵とカロリーが高いものも多く、ダイエット中に不足しがち。そこで今回は、ダイエット中でも安心して食べられてプロテインが摂れるおやつについて、スポーツクラブ勤務経験を持つ著者がご紹介します。

1.大豆

大豆のおやつと言うと、大豆バーのようなものをイメージされる方もいると思いますが、もっとも手軽なのは節分の豆。あれこそ大豆のおやつです。大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど植物性タンパク質が豊富であり、お肉と似ている構造を持っているにも関わらず、お肉よりも脂質、カロリーが少ないという理想的な食べ物です。

持ち歩くのが楽なのも嬉しいところ。節分の豆が売っていない時期であれば、自然食屋さんなどで入手できるので行ってみてください。

2.豆乳

トレーニングをしている人がプロテインの代わりに飲むものとして第1位にあがるのが「豆乳」です。豆乳は大豆製品なのでプロテインをしっかりと含んでおり、体内での吸収がゆっくりなため、比較的腹持ちの良い飲み物です。

最近では様々な種類のものがありますが、できれば無調整のものを選びましょう。バナナ味やコーヒー味、イチゴ味など飲みやすくなっているものもありますが、果糖が混ざっていることもあるので、ダイエット中に飲むなら無調整、または味のついていない調整豆乳に留めておきましょう。

3.いか、するめ、いりこ

最初にプロテインは肉や魚に多く含まれているとご紹介しましたが、いかやするめ、小魚も魚介類でありタンパク質を多く含んでいます。おやつにすることを考えた場合、肉や魚を持ち歩くことは難しいですが、するめやさきイカ、いりこなら持ち歩きにもぴったりです。

ただし、加工食品の場合は含まれる塩分量が高くなってしまうため、食べ過ぎには注意が必要です。食事でもきちんとタンパク質をとりながら、おやつでも、ということであれば、ぴったりです。

4.アーモンド

アーモンドは良質なタンパク質を豊富に含んでおり、炭水化物も含まれているため、腹持ちが良いおやつです。カリカリ食感でしっかり歯ごたえもあるので、満腹感を得やすく、小さくて持ち運びも便利なのに少量で満足しやすい有能なおやつです。

またミネラルの含有量はサプリメント並の高さを誇り、身体では作れない必須アミノ酸もバランス良く配合されているのも嬉しいところです。

おわりに

タンパク質は不足すると肌がカサカサになり髪もパサパサになってしまうので、ダイエット中と言えど不足させるわけにはいかない栄養です。通常の食事に加えて、これらのおやつで摂取するのもオススメです。

(栢原 陽子/ライター)

関連記事