2015.09.19

炭水化物好き女子に朗報!「冷や飯ダイエット」って?


冷たいご飯にダイエット効果あることが証明されました。
コンビニのお弁当をレンジで「チン」する習慣がなくなりそうですね。

食べる順番ダイエットと同じ効果あり!?

冷たいご飯に発生する、“レジスタントスターチ(難消化性デン粉)といった成分が、ご飯の炭水化物の吸収を阻害することが、最近の研究結果で分かってきました。

食べる順番ダイエットでは、野菜や果実を先に食べ、これらの食物繊維でご飯に含まれる「炭水化物の吸収を阻害しましょう!」と言っています。
冷たいご飯に含まれるレジスタントスターチが「食物繊維」と同じ働きをするので、冷たいご飯はどのタイミングで食べても良いことになります。ご飯好きには朗報ですね。

レジスタントスターチを含む食材・料理

レジスタントスターチはお米だけに含まれるのではありません。
冷パスタ
ポテトサラダ
サンドイッチ
冷やしラーメン
等、冷たい炭水化物なら、レジスタントスターチが含まれています。
今まで、意外とカロリーが高いからと夕食に控えていた「お寿司」もレジスタントスターチだから、大手を振って食べていいのです。レジスタントスターチの作り方は簡単で、ただ加熱後、放置して冷ますだけです。

食材としては、
いんげん豆
とうもろこし
玄米
全粒大麦
等、に多く含まれています。

レジスタントスターチが太らない理由

「でも、冷ご飯が食物繊維の働きをしてくれても、カロリーはどうなの…?」と思う方も多いと思います。炭水化物は1g=4kcalのエネルギーに変わります。
対してレジスタントスターチは小腸で吸収されず、大腸で有機酸として吸収され、変換されるエネルギーも1g=2kcalで、普通の炭水化物の半分です。

食べ過ぎれば同じです!

しかし、だからといって食べ過ぎれば同じことです。
先日、夕方からのお付き合いで「お寿司の食べ放題」に行きましたが、元を取りたくて、どうしても食べ過ぎてしまいます。行くならランチタイムにしましょうね。

最後に

最近は炭水化物抜きダイエットが大流行しています。
このダイエットは、もともとは「糖尿病患者」のための食事療法で、医師の指導のもとでおこなわれていうものです。
一般の方には危険が伴いますから、真似しないことをお勧めしています。

ダイエットの理論も日進月歩で、昔の悪者が今はダイエット食品になったりします。私のダイエット理論でも。夕食のみ炭水化物抜きを指導してきました。今後は変更する必要があります。常にアンテナをたてておく必要がありますね。

(林田玲子/ライター)

関連記事