2015.09.09

嫁になれるかこれで確定!?「彼女ならでは」を感じる味噌汁の具・ベスト5

こんにちは、P山P太です。
カレにお味噌汁を作ってあげるときって、なんだか少し緊張しませんか?
「お母さんのに、勝てるかな……」というプレ嫁姑問題が脳内で勃発するからだと思います。

しかし、「おふくろの味」が強いのは、おいしいからではありません。食べ慣れているから、そしてなにより、大好きなお母さんが作ったものだからです。

そのため、おふくろの味と真っ向勝負をしても勝ち目はありません。ならば、同じ土俵で戦わず、あなたの独自色を出すこと。
「お母さんのもいいけど、彼女のもまた違ったおいしさがあるな」と思わせたら、あなたの勝ちといえるのではないでしょうか。

そのためにできる簡単な工夫は、具材です。今回は、20代男子30人と一緒に「『彼女ならでは』を感じておいしくいただけるお味噌汁の具」について徹底討論してみました。

1.おくら

「彼女の作った味噌汁におくらが入ってたことがある。『こういうのもありかな』って思ったし、普通においしかった」(営業/22歳)

おいしそうですね。たしかに超メジャーな具ではないですけど、おいしいだろうと簡単に予想はつきますね。

おくらに限らず、カレが好きな野菜を入れてみると、確実にうまくいくと思います。ほかにも、「レタス」などが食感がいいということで挙がりました。

2.納豆

「納豆味噌汁。インパクトは強烈だったけど、全然ネバネバしてなかったし、豆が入ってる感じだった」(公務員/24歳)

これはぽこひろは少し驚いてしまいましたが、実際にお味噌には、納豆のネバネバを減らす効果があるみたいなので、そこまで強烈なネバつきはないようです。

おくらにしろ、納豆にしろ、なめこの代わりだと思えば何の問題もありませんね(笑)。

3.おせんべい

「お味噌にせんべいが入ってた。いつ食べるかで食感が違って、楽しめた。味ももちろん悪くない」(DJ/25歳)

おいしそうですね。おせんべいをデフォルトで入れる地方もあるみたいですよ。
食感も、かき揚げみたいな感じで、はじめはサク、あとでしっとりとして、2倍楽しめそう。食べたいなぁ……。

4.ウインナー

「豚肉が入った豚汁みたいなのはたまにお母さんに作ってもらったけど、ウインナー入りのは彼女のではじめてだった。少し洋風ですごくおいしかった」(大学生/22歳)

こういった今風なお味噌汁も、若者はすごく好きそうですね。ウインナーなんてみんな好きですし、おいしくないはずがありませんね。

5.とにかく具だくさん

「ひとつひとつは目新しい具は入ってないんだけど、とにかく具だくさんで汁より野菜が多い。食べごたえがあってうまかった」(営業/27歳)

質より量の作戦ですね。それに、野菜をごろごろ入れておけば「俺の健康に気を遣ってくれてるグスン」とカレも感動してくれるでしょう。とてもいいアイデアだと思いました。

おわりに

いかがでしたか?冒頭でも書いたように、「おふくろの味」と正面からぶつかるのは筋悪です。食べ慣れた味のほうが、どうしても「これこれ〜!」と思ってしまうものですから。

なので、お味噌汁を作るときには、なるべく「あなたらしさ」を出してみましょう。
これだと後々カレと結婚したあと、「◯子さん(あなた)、このお味噌汁はなぁに?」というそれこそ本格的な嫁姑問題が発生しそうですが、今は目をつぶっておきましょう(笑)。

(P山P太/ライター)

関連記事