2015.09.09

そのモテテク、間違ってない?正しいボディタッチテクニック・4選

「男はボディタッチに弱い」という話をしている人がたくさんいるのですが…、ボディタッチってただ相手を触ればいいってもんじゃないんですよ!

一歩間違えたら、気持ち悪い女になってしまいます!今回は正しい、相手から好感を持ってもらえるボディタッチのポイントをお伝えしますね。

1.相手から「触られた」と思われたらアウト

「あなたの手って綺麗ね」と言いながら相手の手を触る…これ、NGなボディタッチです。
ボディタッチをする上で大切なことは、相手に「触られた」と思われないように相手に触るということです。

これはどういうことかというと、わざとではなく、自然なボディタッチにすること。相手を触るのではなく、触れちゃったという場面を作り出さなければいけないということです。

カラダ目当てになっても構わないのであれば、ベッタリ触るボディタッチでもいいんですけどね。

2.自然なボディタッチの仕方

正しいボディタッチの方法は「触れる」ではなく「触れちゃった」を演出するとお伝えしました。
「触れちゃった」場面を作り出すには、主軸を相手(ターゲットの男性)にする行動をしないことが重要です。

例えば「“トイレ”に立ち上がる時に彼の肩をかりて立ち上がる」「“グラス”を取ろうとして手を伸ばした時に相手に触れる」「“他の人”と話している時に肩があたる」こんな感じです。

これ全部、「トイレ」や「グラス」を目指して行動していますよね。主軸が彼ではない別のものになっています。これが自然なボディタッチをする時に大切なポイントになります。
主軸を彼にしてしまうと、一気に気持ち悪い、狙ったボディタッチになってしまうんですよね。

3.どうしても触りたい…そんな時は

どうしても彼に触りたい…そんな衝動にかられた時には、「軽くタッチ」でいきましょう。
相手の身体をなでなでとか、ベタベタ触るのは絶対にやめてください!

相手が楽しいこと、面白いことを言ったときに「それ最高に面白いね♪」とかでハイタッチ♪くらいが良いでしょう。

ハイタッチは感情の表れの一つで「明るくて元気」な雰囲気も伝えられますし、その話題とハイタッチを通して「共感」を表現できます。「共感」は恋愛コミュニケーションでとても大切なんですよ。

4.電車に乗った時の自分を想像してみよう

「ボディタッチをすると、相手が自分のことを意識してくれる」と思っている人が本当に多いのですが…一度、電車に乗っている自分を想像してみて下さい。

隣に座っている人の肩が、自分にあたる位であればそこまで気になりませんが、急に顔が近づいてきたり、腿に手が触れたりしたら「うわっ!!」って叫びたくなりませんか?

飲み会でも同じです。その日初めて出会ったまだ何者だかわからない相手から、身体を触らたり、顔を近づけられたりしても、気持ちいいものではありません。女性にベタベタ触られたら男は全員喜ぶと思ったら大間違い!

キツいことを言うようですが、男性だって相手を選ぶ権利はありますからね!

吉井奈々からのメッセージ

いかかでしたでしょうか?
よく飲み会での気になる男性を落とすワザで、ボディタッチだけでなく、相手の飲み物を間違ったフリをして飲むことで意識させる…という小技もあるようですが…会ったばっかりの相手が、勝手に自分の飲み物を飲んだら意識してくれるなんて、相手が自分の好きな女優さんとかで無い限りありません!!

はっきり言って気持ち悪い女ですからね(笑)あくまでも「さりげなく」がポイントですよ。

(吉井奈々/ライター)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事