2015.09.20

時々は押してみてほしい大切なアソコ!潤いぷるツヤ爪にするポイント・3つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。
「爪がカサカサだな」そんな風に感じる時ってありませんか?肌にしろ髪にしろ、そして爪にしろ「乾いている」だけでも魅力が半減する不思議。カサカサ、バサバサは避けたい三大ポイントです。
今日も小さな「美」の積み重ね。今回の「チリツモ美容道」は爪のマッサージについてです。健康な自爪があってこそ楽しめるネイル。爪の元気がない方はぜひ試してみてくださいね。

保湿は十分に

カサカサを防ぐにはやっぱり「保湿」が一番! 
といっても、特別なハンドケア用品を用意することが全てではなく、毎日のスキンケアの後に、顔に使っている物を手にも塗ってあげるだけで十分!それだけでも、手肌は潤うのです。最近は、オイル系のスキンケア用品を使っている方も多いはず。美肌に最適なココナッツオイルなどでもいいので、爪周りに垂らしてしっかり保湿してあげましょう。
キューティクルオイルやキューティクルクリームを持っている方は、一日数回でいいので爪周りに垂らしてマッサージしてみてください。
それだけでも、昨日までのカサカサ爪から大変身!ピンク色のうる艶爪になれますよ。
爪周りに出やすいささくれの予防にもなりますので、ささくれだらけの「ブス爪」におさらばできるチャンスです。

時々押してみて欲しいアソコ

ネイルサロンでハンドマッサージを受けたことがある方は知っているはずの「アソコ」。爪周りには「健康な自爪を育成する」とされる大切なポイントがあります。それは
・爪の根元
・爪の両サイド
の二か所。ここを軽くマッサージしてあげることが大切です。ポイントは「軽く」マッサージすること。強く押しすぎたりすると、変形した爪が生える原因になる場合もありますので、押しすぎには要注意です。押しすぎて、爪や皮膚の色が変化してしまわないような力で優しくマッサージしましょう。

除光液の使い過ぎは要注意

以外と盲点なのが「除光液の使い過ぎ」。セルフネイルは楽しいのですが、1週間に何回も塗り直したり、塗ってみたら「失敗した!」なんて何回も塗り直しを繰り返したりすると、爪の乾燥の原因になる場合があります。どんなに爪に優しい除光液でも、頻繁な使用はやはり控えたいものです。

おわりに

手は年齢が出やすい場所ですので、乾いた状態はなるべく避けたいですよね。毎日のちょっとしたポイントで、カサカサ手やバサバサ爪とさよならすることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(川上愛子/ライター)
関連キーワード

関連記事