2015.09.22

12星座あるある「肉まんを食べるとき」

もうすぐ夏も終わり。最近のコンビニ商品は、今の時期に冬の商品が早めに売りだされていることが多くなりました。その代表例と言ってもいいのが、中華まん。レジの真横にあの機械が置かれだすと、もうそんな季節なんだなという気持ちになりますよね。あんまんやカレーまんなど、その種類はとても豊富ですが、やっぱり定番は肉まん。さて、皆さんは肉まんを食べる時、どんな風に食べますか? 星座別に、その食べ方をチェックしてみましょう。

○火のエレメンツ(牡羊座・獅子座・射手座) 

 全力で美味しいものを楽しもうとする火のエレメンツ。
牡羊座は、店員さんから渡された肉まんを、あっつあつの状態で一気に頬張ります。そして口の中をやけどします。でもいいのです、それが牡羊座にとって一番の楽しみ方なのですから。
しかし獅子座はもう少し冷静です。熱い状態を楽しみつつ、やけどしないようにずっと息を吹きかけています。ただの猫舌に見えますが、ちゃんと理由があってやっているのです。
射手座は肉まんだけでは飽きてしまうので、他の中華まんやホットスナックを一緒に買います。ひとくち食べて堪能したら、すぐ次の商品に移ります。横で見ていると、なんだか忙しそうです。

○地のエレメンツ(牡牛座・乙女座・山羊座)

 美味しいものはじっくり堪能したい地のエレメンツ。
牡牛座は少しずつちぎって食べます。口の中に入れてからも、ゆっくりゆっくりと味わいながら飲み込みます。皮の部分も肉の部分も、舌の上でしっかり堪能してから飲み込みます。
外で歩きながら食べるイメージがある肉まんですが、乙女座はそんなことをしません。家に帰って落ち着いてから、紙を綺麗に剥がし、お皿に乗せて、ようやく食べ始めます。場合によっては箸で食べます。
山羊座は合理主義。せっかく美味しいものを食べている時に、熱くてなかなか食べられないことでイライラしたくないので、ある程度冷ましてから食べます。

○風のエレメンツ(双子座・天秤座・水瓶座)

 自分なりの楽しい食べ方を見つける風のエレメンツ。
双子座はせっかく季節モノの商品を食べるのだからということで、写真を撮ってSNSに投稿します。その楽しさをみんなと共有したいのです。
天秤座は半分に割って食べます。周りの人が食べるペースのバランスを計算して、周りの人が食べ終わるタイミングを合わせます。もしみんなが早かったら、残り半分は一気に口に放り込みます。
水瓶座は他の人と面白がる観点が違います。美味しいかどうかよりも前に、まず肉まんの底に張り付いていた紙が気になりだします。紙に何が書いてあるかをよく読んでから、やっと食べ始めます。

○水のエレメンツ(蟹座・蠍座・魚座)

 食べることの喜びが感情とつながっている水のエレメンツ。
蟹座の食べ方は至って普通。ですが、決して一人では食べません。必ず誰かと一緒に食べます。美味しさをその場で共感できることが、蟹座にとってはなによりの喜びにつながるのです。
蠍座は中身をじっくりと確認しながら食べます。皮の厚み、具材、具の量などをじっと見つめています。自分が今口にしているものは何なのか、きちんと認識しながら食べているのです。
魚座は周りの人が肉まんを食べるなら、みんなでいろいろな味が楽しめるよう、自分は違うものを買います。「それも美味しそう」と言われたら、喜んで渡してあげるのです。

おわりに

 これから冷え込んでくると、温かい肉まんが恋しくなります。最近は毎年新商品も出ていまし、ますます楽しみになりますね。ちなみに私はあんまんが好きです。あなたは、どの中華まんが好きですか? 

(脇田尚揮/ライター)
関連キーワード

関連記事