2015.09.11

彼に「マグロ」と言われてセックスが怖くなった……考えたい4つのこと

男性がセックスの場面で萎えるのは、彼女が「マグロであること」「フェラチオが下手なこと」だそう。勝手なことを言ってるわと思えればいいのですが、それを気にしてしまった女性がいます。

「飲み会で男友だちと、そういう話になったんです。私、つきあい始めて3ヶ月になる初めての彼がいるので、なんだか気になって。
彼に会ったとき、『私は違うよね』と言ったら、『かなりマグロじゃない?』って。笑いながら言ってたけど、本当はそう感じているのかなと思ったら、なんだかセックスするのが怖くなったんです。
それ以来、彼とはデートしてるけど、『今日は生理だから』『明日、朝早いから』とか、いろいろ理由をつけて泊まらないようにしてる。
でも、今度は彼がそれを不審がって、他に好きな人がいるんじゃないかと疑われているんです。もう、どうしたらいいのか」(21歳=学生)

嫌われたくないからこそ、こんなふうに思ってしまうのですよね。
彼の真意はどこにあったのでしょう。こんな気持ちにとらわれたとき、どうしたらいいか考えてみませんか。

1.もう一度、聞いてみる

これは正直に、再度、聞いてみるのがいちばんいいかもしれません。
「私ってマグロかなあ。この前、あなたにそう言われてから、怖くてできなくなっているんだけど」

彼を責めるでもなく、卑屈になるでもなく、困っていると伝えましょう。
彼は、自分が言ったことさえ忘れているかもしれませんが、思いやりのある男性なら、「あれは冗談だよ、ごめん」と言うはず。

2.自分からも愛情表現をしよう

自分からはまったく愛情表現をしようとしないのが「マグロ」なのか、反応が薄いのが「マグロ」なのか、その判断基準は人によって違いがあるかもしれません。
ただ、どちらも男性側から見たら、物足りないのは確かでしょう。

だからといって、必要以上に演技をしたり、したくないことを無理にしたりすることもありません。
好きなら、何かしら愛情表現をしたくなるものですから、自分にできる範囲でしてみることは重要です。

3.どうしたらいいかわからないときは彼に尋ねる

じゃあ、愛情表現をしようと思っても、スキンシップや性行為に慣れていないと、どうしたらいいかわかりませんよね。

たとえば彼に久しぶりに会ったとき、気持ちが高ぶって、抱きついて首に手を回したり、ぐいぐい自分からキスを迫ったりすることはありませんか? 

そうやって気持ちの高ぶりに任せるのが、本当の意味での愛情表現になります。セックスの場面においても同じこと。
しばらくぶりに彼のペニスを見て、自分からしゃぶりつきたくなったら、そうすればいいのです。

テクニック的なことはあとからついてきます。たとえば男性も乳首が感じる人が多いのですが、彼を喜ばせたかったら愛撫してみましょう。「これ、イヤ?」と途中で聞いてみればいいのです。

ときには女性が主導権を握って、彼の体中を愛撫しまくってみるのも楽しいものではないでしょうか。

4.お互いに、してほしいことを話してみる

セックスはふたりで一緒に楽しむもの。これを機会に、お互いにどういうことをしてほしいか、どうされると感じるかを話してみてもいいのではないでしょうか。
阿吽の呼吸でわかるようになるには時間がかかります。

つきあって数ヶ月の今だからこそ、セックスについてもタブーなしに話し合える関係を築いていくいいチャンスではないでしょうか。

おわりに

彼に「マグロ」と言われたらショックですが、そのまま落ち込んでいては、彼との関係そのものが危うくなります。彼とちゃんとセックスについて話し合ういい機会ととらえましょう。

ただし、話し合いにならない、彼が自分とのセックスをまじめに考えていないことがわかったら、そのときは怒ってもいいし別れてもいいのです。
いつでも決断は自分がする、という強い意志をもってくださいね。

(亀山早苗/ライター)

関連記事