2015.09.23

「木目状ネイル」から「落とし込み」まで!今更聞けない流行ネイルのポイント4つ


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。ネイルデザインの流行はマッハのスピードで変わっています。一度付けたデザインを2回付ける方は少ないせいか、毎月新しいデザインを生み出すのがネイリストというお仕事でもあるわけです。よく枯渇しないもんだと我ながらびっくり。
とはいえ、どんどん流行が生み出されるおかげで「へ??何そのネイル?」状態になってしまうこともしばしば。
今回の「チリツモ美容道」は今年流行ったネイルデザインについてです。
「あー!あのデザインってそう呼ぶんだ!」とこっそり確認してみてくださいね。

◇シロップネイル

今年、早くから目にした「シロップネイル」。流行というのは巡り巡るものなので「呼び方が変わっただけでは・・・」と一瞬思ったお局ネイリストも多いこのネイルですが、かき氷のシロップのように透き通ったカラーのネイルがシロップネイルです。
以前から、透け感ネイルとして人気のあった色味も多いのですが、かき氷ブームもあってかかき氷に使われるようなシロップカラーが人気になっています。
ミルキーな白は「練乳ネイル」なんても呼ばれていたりもします。どこまでもかき氷!!!
個人的には、抹茶ミルクかき氷のカラーが好きです。透き通った抹茶カラーに練乳カラーを混ぜてマーブル状にするだけで、おいしそうな指先のできあがりです。黒いストーンとか乗せたら、まるで小豆!ばっちりですね。

◇落とし込みアート

エアブラシアートとは少し違う幻想的なアート。縁取りは濃いのに、透き通ったようなお花を描けたりします。アクリル絵の具やジェルカラーを薄めてつくる「落とし込み」の技法で描かれるのが落とし込みアートです。
これまた、お局ネイリストの皆さんは「昔、トールペイントがエラい流行った時があってね・・・」と目を細めていそうですが、絵画やトールペイントの技法を使ったネイルアートはたくさんの種類があります。

◇シュガーネイルやサンドネイル

見た目はプチプチ、ザラザラ。でも、触るとつるつるの不思議。シュガーネイルやサンドネイルも人気ですね。サンドは「砂」で、砂糖や砂のように塗られたネイルのデザインです。表面がザラザラしていないのに、砂糖や砂のように見える不思議感もあって、人気のようですね。カラーも豊富なので、色んなプツプツ感が楽しめます。

◇木目状ネイル

ずばり「木」の模様です。フローリングの木目や白樺バージョンもあります。「木目」?!と驚くなかれ。ブラウンを基調とした高級感あふれる木目ネイル。案外かわいいです。
これからの秋にむけて、試してみて欲しいデザインNO.1かも。

◇おわりに

マニキュア時代に流行ったウォーターマーブルも、スポンジネイルも、ジェルネイルでもできるようになっています。水に混ぜるジェルネイルが発売された時は心底びっくりしましたが、時代はどんどん進んでいくので材料の勉強が大変だなぁ・・・なんてちょっと弱音。流行は巡ります。いつかまた、ワンレンボディコンも流行るかもしれません。その時の為に、長いヒョウ柄の爪に白いエンボスのお花を付けて盛り盛りにして、ネイルピアスを開けて揺らす準備をしておこうと思います。

(川上あいこ/ライター)

関連記事