2011.02.15

【Macintosh】Dockに登録していないアプリケーションを素早く起動させる方法

Mac OSはアプリケーションの起動やフォルダの表示を簡素化する「Dock」機能を備えています。ホーム画面の下に表示されるDockは、自身が頻繁に利用するアプリケーションを登録しておけば、簡単にアプリケーションを起動できます。

 

しかし多くのアプリケーションを活用するヘビーユーザーの場合、Dockにすべてのアプリケーションを登録しては、かえってアイコンを見つけにくくアクセスまでに時間がかかってしまいます。

 

そこでコンテクストメニューを活用することで、必要なアプリケーションやフォルダに簡単にアクセスできるツールがあります。それが「FinderPop」です。Windowsで言う「マウスの右クリック」で表示するメニューから、アプリケーションを起動できるようになります。

 

一般的にMacはマウスの“右クリック”を使いませんが、市販のマウスの中にはMac対応で右クリック、つまりコンテクストメニューを開けるようにする製品も登場しています。これを利用することで、Dockを使わずともアプリケーションやフォルダ、ファイルなどに簡単にアクセスすることが可能となります。

 

ここではFinderPopの使い方を紹介します。


FinderPopをインストールしよう

FinderPopはフリーソフトです。以下のURLからダウンロードし、インストールしましょう。

 

URL:http://www.finderpop.com/

 

 

 

 

 

 


 

起動するアプリケーションを登録しよう

インストール後、FinderPopを起動します。メニューにある「項目」から「FinderPop Itemsフォルダを表示」をクリックします。

 

 

必要なエイリアスを登録しよう

 

 

フォルダが開きます。この中にFinderPopを使って起動させるアプリケーションのエイリアスを入れます。アプリケーションのほか、ファイルやフォルダのショートカットを入れさえすれば、ダイレクトに表示できるようになります。

 

 

 

これで設定は完了です。

 

 

実際に使ってみよう

デスクトップ画面にて、アイコンなどのない場所で右クリックします。マウスが右クリックに対応していない場合は、「control+クリック」と操作しましょう。するとコンテクストメニューが表示され、「FinderPop Items」というメニューが追加されています。さらにさきほど登録したアプリケーション(ここでは計算機)が表示されるので、それをクリックすることで起動できます。

 

 

 

 

さいごに

FinderPopはコンテクストメニューをカスタマイズするほか、アピアランスの設定など、便利なカスタマイズ機能を備えています。古くからある定番ソフトなので利用者も多く、安心して利用できます。

 

Dockを基軸にアプリケーションにアクセスしている方、コンテクストメニューを効果的に活用し、利便性を向上させてみてはいかがでしょうか? 

 

関連記事