2015.09.24

恋に効く!彼をいたわる癒しのレシピ「海老のリゾット」


好きな彼が落ち込んでいる時、あなたはどんな言葉をかけてあげますか?「大丈夫?」「無理しないでね」などなどいろいろあるかと思いますが、彼に一番響くいたわりのテクニックをご紹介したいと思います。男性が落ち込んでいるときは、実はチャンス。彼が落ち込んでいるのを機に一気に攻め落とすことすら可能になるからです。落ち込んでいる時というのは心にすごく大きな隙間が空いていますからね。

男性は、普段気を張って働いている分、すごく落ち込みやすい部分があります。落ち込んでいる時というのは、男性特有のプライドもあってか、誰にも何も言われたくないものです。本当ならば引きこもっていたいとすら思うものなのですが、なかなかそうもいかないのが事実。そこであなたがやることはただ一つ。「そばにいてあげる」だけです。何を言うわけでもなく、ただ適度に相づちをうち、話を聞くだけでいいのです。そうして彼が帰ろうと言いだすまで、ただただそばにいてあげましょう。その時は、彼はあなたのそういう気遣いに気づかないとは思いますが、後日冷静になった時に、あなたの包み込むような優しさに激しく惹かれることでしょう。

●癒しと食のメソッド

不安な気持ちがあると、人は「温かいもの」を求めます。逆に、温度が人の心にも影響することもオハイオ大学のマシュー・べスにより証明されました。体温を上げることは「冷え」の解消という効果がありますが、他にメリットはあるのでしょうか?まず、体温を上げることで、免疫力が高まることが知られています。体温が1度下がると、免疫力は30%以上も衰えると言われます。ガン細胞は35度で一番増殖し、39.6度以上になると死滅するという研究結果があるほどです。近年、体温が35度台の人が増えており、体温が低いことが、 ガンが日本人の死因で1位となっている理由の1つとも考えられています。

体温を上げると、免疫力が高まるのは、血流が増えることに理由があるようです。血液の中にある白血球は、ウィルスや細菌を取り除く働きをしていますが、 血液の流れが悪ければ、素早く作用することが出来ません。つまり、血液の流れが増えてよくなると、白血球の反応が速くなり、免疫力が上がると考えられています。また、細胞に供給される酸素は、血液によって運ばれます。 酸素は食べ物などを分解することや、分解してできた栄養素を吸収し老廃物を排出させ、細胞自体の新陳代謝などに関わるため、基礎代謝を上げるうえでも酸素の供給が増えることは、大切なのです。体温を上げる大きなメリットは、「冷え」の解消、免疫力の強化だけでなく、 細胞の活性化により、基礎代謝のアップにも繋がるのです。
そこで、彼をいたわる女性になるべく、彼を癒すためのあったかレシピをご紹介いたします。

●彼をいたわるレシピ

☆海老のリゾット☆
彼が精神的に落ち込んで、また体調が優れず食欲がない…そんな時こそ貴女の出番です。
消化にも良く体の中から温まるリゾットで、心も身体も労ってあげて。
 
・材料(2人分)
ブラックタイガー…4尾
玉葱…1/2個
イタリアンパセリ…少々
米…300cc
パルミジャーノ・レッジャーノ…60g
バター…大2
コンソメスープ…600cc
塩、こしょう…各適量

・作り方
1.ブラックタイガーはコンソメスープを沸騰させ1分程茹で、取り出す。
2.別鍋にバターを半量溶かし、玉葱のみじん切りをきつね色になるまで炒める。
3.残りのバターを足して米を加えてざっと炒め、1のスープを数回に加えながら弱火で煮る。
4.米がアルデンテになったら塩、こしょうし、パルミジャーノ・レッジャーノの半量を混ぜる。
5.上に1の殻を剥いたもの、残りのパルミジャーノ・レッジャーノ、イタリアンパセリをのせる。

●おわりに

子供の頃、心細いときに何も言わずに差し出されたお母さんの温かい食事…。そんな思い出を誰もが持っていることと思います。無言の優しさと温かさが、実はつらい時の一番の特効薬な訳ですね。弱っている時こそ「頑張って!」「なんで諦めるの!?」などと言わずに、ただそばにいて、温かい食事を彼にふるまってみてはいかがでしょう。

(脇田尚揮/ライター)
(HITOMI/料理監修)

関連記事