2015.09.13

彼のことは好きだけど…。気持ちが揺れ動いたとき、どうすればいい?



こんにちは。ライターのmashuです。今回は、16歳の高校生の方からご相談を頂きました。

「今付き合っている彼氏がいます。中学3年生の時から好きで、毎日毎日その人のことでいっぱいいっぱいでした。
二ヶ月ほど前は、恥ずかしながらその人と性的関係をもちたいと思ったり、たくさん恋人らしいことをしたいとも思いました。
しかしなぜか最近になって恋心は急速に冷め、その人に対してなにも思わなくなりました。それどころか、すこし苦手だとも思うようになりました。
ですがそれは、私にたいし欲をみせたときのみです。ちなみに二ヶ月間の間になにかがあったというわけではありません。それどころかなにもありませんでした。なのでキスもしていません。私はその人と別れたいとは思いません。
しかし、その人を好きなのかが分からなくなってしまいました。ですが、もう一度好きになりたいです。」

中学生、高校生の頃ならだれでも一度は体験することです。少しエッチなこともしたい、だけどちょっとコワイ。
急に迫られると「わたしはそういう対象でしかないの?」なんて、考えてしまいますよね。

好きな人との距離を縮めたいけど、相手から迫られるとなぜか心が冷めてしまう。そんなときの対処法4ステップをご紹介します。

素直に、自分の気持ちを打ち明ける

まずは、彼にメールでも手紙でも電話でも直接でもかまいません。自分のありのままの気持ちを彼に伝えましょう。大前提として「あなたともっと親しくなりたいと思っている」ということをはっきり伝えましょう。

そして、「好きだからこそ恋人として進展していくことがまだ怖い」ということを伝えて、彼にあなたの気持ちをわかってもらいましょう。
はっきり彼への恋心を言葉にして伝えることで、あなた自身も彼への気持ちを再確認できるはずです。

自分から、できるだけ歩み寄ってみる

彼からのアプローチを待っている受け身の状態だと逆に緊張してしまうので、少し積極的になれるならあなたのほうからキスをしてみましょう。
事前に、彼に「わたしからキスとかするようにするね」と伝えておけば彼も混乱しませんし、自分のペースでリラックスして彼と過ごすことができます。

触れたくないときは、無理する必要はありません。触れたい、と思った時だけ行動に移せばいいのです。半年かかっても、1年かかっても大丈夫ですよ。彼も、あなたのことが本当に好きなら待てます。

彼と付き合う前のことを思い出して日記に書いてみる

あなたのお気に入りのダイアリーや、かわいいデザインのノートを用意して、彼と付き合う前のことを日記や小説風に書いてみてください。
彼と初めて話した時どう感じたか、何を話したのか、彼のどんなところに惹かれたのか。昔のメールや手紙も引っ張り出して読み返してみましょう。

忘れかけていたことも思い出して、新鮮な気持ちを取り戻ることができます。そのノートは彼との恋が不安になった時いつでも読み返すことができる心強い味方になりますよ。

お気に入りの漫画のラブシーンを繰り返し読む

あなたがよく読む漫画のお気に入りのラブシーンを繰り返し読んで、彼とのラブシーンにリンクさせてみましょう。

自分の心のなかをラブモードにすることで、彼との恋のテンションも上がります。会わない間に彼への思いを募らせましょう。
デートの日は2人で話題の恋愛映画を観てもいいですね。

デートの日は、彼の好きなところを10書いたメモを持ち歩く

事前に、あなたのお気に入りの紙に、彼の好きなところを10(それ以上あるなら書けるだけ)書いたメモを用意しておきましょう。

そしてデートの日はそのメモを持ち歩いて、彼への気持ちが不安になった時そのメモを握ってみて、トイレに行った時など読み返してみてください。
あなたの大切なお守り代わりになって彼への気持ちに自信もつくはずです。

おわりに

いかがでしたか?好きな気持ちってなんだかとてもあいまいで、急に好き!と思ったり、急になんか違うかな…?と思ったり不安定なものです。

彼も好きだからこそあなたに触れたいと思っています。その彼の気持ちも大切にくみ取って、あなたたちのペースで歩み寄っていってくださいね。

(mashu/ライター)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事