2015.09.26

【12星座占い】カジノで楽しむときにとりがちな言動って?


ギャンブルと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? 競馬や競艇という人もいるでしょう。しかしやはり、ラスベガスやモナコの華やかなカジノで行われる、ポーカーやルーレットを思い出す人が多いはず。最近では、手軽に楽しめるカジノバーも多いですね。あなたがチャレンジする時は、どんな風に挑むのでしょうか? 星座別に、その楽しみ方をチェックしてみましょう。

○火のエレメンツ(牡羊座・獅子座・射手座) 

勝負事が大好きな火のエレメンツ。牡羊座は燃えるような一発大勝負が大好き。勝ちが見えないからといって、見送るということは絶対しません。当たれば大きいですが、その分ハズレもかなりのものになりやすいです。獅子座はギャンブルをしている時、自分がマンガの主人公になったかのような感覚に陥ります。「自分がここに賭けることに意味がある……! 」なんて思っていそうです。射手座はとにかく冒険が大好き。まったく当たりそうにない場所に賭けてみたり、手元のチップが少なくなっても、強がって勝負を続けたり。当たるかどうかより、ドキドキの緊張感を味わいたいのです。

○地のエレメンツ(牡牛座・乙女座・山羊座)

着実・堅実という言葉がピッタリの地のエレメンツ。牡牛座が賭ける時は、確実に手元に戻ってくることを考えて賭けます。ただ、途中で欲が出てくると歯止めが聞かなくなってしまう一面も。乙女座はまずカジノの華やかな雰囲気を楽しみます。賭ける時は緻密に計算して、確実にマイナスにならないようにするでしょう。大勝負よりも、場の空気を大切にするのです。山羊座はそもそも、ギャンブルをしようとしません。カジノへ足を運ぶこともなさそうですが、いざ来るとのめり込んでしまうタイプです。誰かが横で監視していないと、少し危ないかもしれません。

○風のエレメンツ(双子座・天秤座・水瓶座)

頭を働かせて、うまく勝負を乗り切ろうとするのが風のエレメンツ。双子座は得意のおしゃべりで、周りの人から情報を集めます。もっとも儲かる方法を仕入れ、その方法を試して遊んでみます。バランスを大切にしている天秤座にとっては、大勝ちも大負けも居心地が良くないみたいです。程々に楽しんで、常にプラスマイナスゼロを目指しています。水瓶座はオリジナルの賭け方を考えて、実践します。普通にチップを出すのは面白く無いので、わざと手元から投げてみたり、ディーラーの真似をしてみたり。とにかく、他の人とは違う一風変わった楽しみ方を探しているのです。

○水のエレメンツ(蟹座・蠍座・魚座)

勝負よりも楽しいかどうかが大事な水のエレメンツ。蟹座はまず、自分の勝ち負けよりも一緒に来たみんながうまくいっているかどうかが心配になります。チップが少なくなったら「これを使って!」と、自分が持っているチップを渡します。蠍座は一点集中型。同じゲームで同じ賭け方を、黙々と試し続けます。周りから見ると妙に思えるかもしれませんが、これでたまに戻ってくるのがどうやら楽しいようです。魚座は夢のある賭け方をします。「これで当たれば200倍」とか、あるいは「今当たればジャックポット」みたいな言葉に弱いです。別の大勝ちしたいわけではなく、賭けること自体にロマンを感じているようです。

◆おわりに◆

カジノやギャンブルに興味のない方もいらっしゃるかもしれませんが、そのきらびやかな世界を楽しむと忘れられないという人も多いのです。日常ではなかなか味わえないドキドキ感、試してみてはいかがですか。

(脇田尚揮/ライター)
関連キーワード

関連記事