2015.09.16

「タイプだけど話がつまらない」男性と楽しく話す4つの方法

みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

「見た目も性格もいいのに、話がつまらない」という男性に出会ったことはないでしょうか。そもそも、ふだん話す機会が多い女性のほうが圧倒的に会話上手。

それだけに、見た目や性格がタイプなら、話がつまらないだけで恋愛対象外にしてしまうのはもったいないのです。

今回は男性のつまらない話を受け流しつつ、楽しいムードを保つための方法を紹介していきます。

1.相手の瞳孔を見ながら聞く

相手の目をじっと見るだけで、「彼女はオレの話に集中している」と思わせられますが、より効果的なのは、「彼はどんな人なんだろう」と興味を持って瞳孔まで見つめること。

瞳孔は興味のあるものを見るときほど大きくなり、黒目がちな目になるという傾向があります。
さらに、多くの男性は黒目の大きな女性に魅力を感じやすいので、相手の話を聞いているムードを出すだけでなく、あなた自身のアピールにもなるのです。

2.お腹に力を入れて前かがみになる

話を聞くときの姿勢で気をつけたいのは、お腹を出してふんぞり返ったような体勢にならないこと。
話しはじめの姿勢はよくても、「話がつまらないな……」と思っているうちに、だんだん脱力してお腹を出したような体勢になりがちなのです。

そんな悪印象を与えないためにすすめたいのは、お腹に力を入れた前かがみの姿勢。
前かがみで聞くことによって相手との一体感も生まれ、「『オレの話』ではなく『2人の話』をしようと考える」というメリットもあります。

3.テキトーなあいづちを打つ

話のつまらない男性は基本的に客観性がなく、相手がどんな聞き方をしているのか、わかっていません。
それだけに、話を真剣に聞かなくても問題はなく、テキトーに流してしまえばいいのです。

もっとも簡単で気楽なのは、「うんうん」「そうなんだ」「へえ~」「ふぅ~ん」「それで?」などのテキトーなあいづち。
これだけで彼らは満足しますし、気分がよくなってあなたに話を振ってくれるかもしれません。

4.相手の言葉をリフレインする

つまらないと感じる話ほど長いものですが、無理して全てを聞く必要はありません。聞き流しながらキーワードっぽいフレーズを拾っていけばいいのです。

たとえば、相手が「サッカー日本代表の香川選手が好きで、〇〇なプレーが〇〇なのがいいんだよね」と話したら、「香川選手いいよね」とだけ返事したら、「〇〇なプレー」や「〇〇なのがいい」の部分は、ほとんど聞かなくてもOK。

これだけで相手は「共感してもらえた」と思って喜びますし、自分も話の大筋だけをつかめるなど、いいこと尽くめです。

会話だけは私がリードしてあげる

顔や性格がタイプの男性に対して、「話のつまらない男なんてつき合いたくない」と思うか、「会話だけは私がリードしてあげよう」と思うか。あなたはどちらでしょうか?

顔、性格、会話の3つを兼ね備えた男性はなかなかいないだけに、「顔や性格よりも、話の面白さが大事」という人以外は、話のつまらない男性と向き合ってみてもいい気がします。

(木村隆志/ライター)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事