2015.09.16

不倫と一緒!?男子の「彼女と別れて、君と付き合うよ」が嘘なパターン・4つ

彼女がいる男子を好きになって、奪おうと頑張って、やっとその男子から「彼女と別れる。そして君と付き合いたいんだ」と言ってもらえるようになった。
これ、まさにカレと付き合える目前に思えますけど、じつはそうじゃありません。

ここからカレの本命にしてもらえるまでの道のりは、案外長いかもしれません。
こんなことを言ってくれても、じっさいにその男子が彼女を振る可能性は決して高くないですし、下手したらあなたはカレの都合のいい「2号ちゃん」になってしまうかもしれません。
カレは本当に彼女と別れてあなたと付き合ってくれるのか。見極める必要がありますね。

そこで今回は、このセリフが嘘なパターンについて、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに聞いてみました。

1.「今、穏便に別れようと努力してる」

「こういうときに男子が言いがちなのがこのセリフ。『穏便に別れようとしてる』。これ、嘘です。
じっさいは、彼女には別れの『わ』の字も出していません。穏便にってなんですか? 別れるなら『別れよう』って言えばいいはず」

こういうとき、「たしかに上手に別れるのは大事。私が待たなきゃ」なんて思っちゃダメです。むしろ強気に「私の事本気なら、すぐに別れてよ」と出るべき。

2.期限を伸ばそうとする

「『今月中に別れるから』と言ってたのにいざそのときになって『ごめんもうちょっとだから待って』なんて言ってくるのも嘘。
こういうときはだいたい、別れようとしたけどやっぱり彼女のことが好きで別れられなかったパターンです」

このままじゃ、完全にあなたはただの浮気相手になっちゃいますね。期限を作ったら、必ずそのときまでに蹴りをつけましょう。

それ以上は待たない。こんな大事な約束を守れない男子なんて、ロクな男じゃありません。

3.彼女とは相変わらず会っている

「気持ちは完全にあなたに傾いているはずなのに、一応今の彼女ともデートを続けている。これも怪しい。おかしくないですか? 
だって、デートするってことはエッチもしてるんですよ? 結局今の彼女に飽きるまで、あなたをキープしてるだけです」

別れようとしてるんだったら、その間は必要のないデートはやめるべきですよね。それこそ、別れ話をするためだけに会うべき。

「デートしてるのは、怪しまれたくないから」とか言うのも、ただの言い訳。乗り換えようとしてるくせに、怪しいもなにもないですよね。

4.別れてないのにエッチしようとしてくる

「エッチするのは、その男子が完全に彼女と別れたことを確認してからにすべき。そうじゃないと、完全なセフレになってしまいます。
彼女ともあなたともエッチができるなんて、カレにとって一番望ましい状態。これを抜けるのは困難です」

私もこれは断固拒否すべきだと思います。「付き合ってからね」の一言をなんとしても言うべき。

ここをなあなあにしちゃうと、カレがすべき決断をしてくれなくなって、そのままずるずるいっちゃいます。

おわりに

どうでしたか? 「別れるつもり」と言って男子がなかなか別れてくれないのは、不倫で奥さんと別れてくれないのと同じ。「別れる」のセリフに騙されないで。行動で示してもらいましょう。

カレに本気になるのは、カレがきちんと別れてくれてからにしましょうね。変に期待しないように。

(遣水あかり/ライター)

関連記事