2015.09.16

脈アリかも!?男性が「これ聞いてほしい!」と思っている話題とは

自慢話や仕事の話など、男性の話にあまり興味が持てないこともありますよね。
でも、実はそれらの話をしている時こそ、男性は女性に興味を持って欲しいと思っている時のようです。

そこで今回は男性に「女性に興味を持って聞いて欲しい話や言葉」についてインタビューしてきました。

1.自慢話

「自慢話をする男が嫌な感じなのはわかりますけど…気になる女性とかの前なら少しでもよく見せたい。
自慢って、言ってくれる人がいないから自分で言うしか無いじゃないですか。」(25歳/マスコミ)

多くの男性が自慢したい話の1つや2つはあるものです。
普段は自慢するようなタイプではない男性でも、気になる女性の前だとつい見栄をはるなど、自分をよく見せたいと思っています。

「自慢する人きらい~」などと言わず、男性の自慢話にもしっかり興味を持って聞いてあげられる女性は好感度が高いですよ。

2.大変だった仕事の話

「仕事の話をしてもわかってもらえないことや相手がつまらないことはわかっています。
でも頑張った仕事がうまく行った時とか、大きい仕事をやり遂げた時というのは誰かに話を聞いて欲しいし褒めて欲しいものです。
だから男が仕事の話をしている時には黙って聞いて欲しい!」(24歳/商社)

「仕事が大変で~」「この前の仕事はきつかった!」と言っている時の男性は「どんな仕事したの?」と興味を持って聞いて欲しい時。

仕事は男性のやりがいであり、そこに興味を持って聞いてくれる女性は好感度が高いので、男性が仕事の話を自慢げに始めた時にはしっかり聞いてあげて。

3.「いつも外食かコンビニ弁当」

「合コンに行って「俺いつも外食なんだよね」と女の子に言ったら「いいな~」と返されたんですけどそういうことではないんですよ!
「私作ろうか?」と言ってくれる相手が欲しいという男からのメッセージなことに気づいて欲しい!」(26歳/講師)

これは料理を作ってくれる女性がいないことを意味しています。もしかすると「作ってあげようか?」といった言葉を期待している可能性も大。

男性がこの言葉を言っている時には、彼女募集中であなたに気があるというアピールかも。

4.「今は仕事が楽しいから彼女はいらない」

「仕事の飲みで「今は仕事が大事だから彼女は作らない」とか言っている男がいますが、絶対そういう人に限って本当は女が欲しいと思っています。
狙い目ですよ。本当にいらないならそんなこと言いませんから。」(24歳/マスコミ)

よほどモテる男性が言っているなら別ですが、普通の男性であれば本音では彼女が欲しいと思っています。
欲しいけれどいないからこそ、あえて「彼女ができないのではなく作らないんだ」ということを表明しているようです。

「○○君だったらモテるでしょ!」「私結構好きだったのに、残念」など反応してあげると喜んでくれますよ。

おわりに

周りにこれらの言葉を言っている男性がいたら、それはあなたに興味を持って聞いて欲しいというシグナルです。

男性が発する言葉をそのまま受け取るのではなく、裏側にどんな想いが隠されているのかを考えてみると楽しいですね。

(栢原 陽子/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事