2015.09.17

モテたければこれ!「隙見せ女子」になるための4つのポイント

良く「隙がある女性がモテる」なんて良く聞きますよね。でも隙ってどうやって作ればいいの?と疑問に思ったことがある人も多いはず。

そこで今回は男性から聞いた「モテるための隙見せ術」を4つご紹介したいと思います。

1.仕事を頑張り過ぎない

「自分の仕事以外にも口を出して手を付けようとする女性がいた。
頑張ることは良いことだけど、正直やりすぎは男として近寄りがたい。」(27歳/営業)

「自分も彼女に釣り合うくらいの完璧な男にならないと、と思ってしまう。
そういう女性と一緒にいると何か自分の立場が無くなってしまう気がします。」(24歳/物流)

仕事を一生懸命頑張ることは良いことですが、張り切り過ぎて人の仕事にまで横から手を出してしまうのは男性から不評でした。

また、あまりにも男性より女性の方が仕事が出来てしまうと、男性の面子が潰れてしまい、気が楽な女の子に浮気をしてしまうというケースも。
自分の仕事をきちんとこなせるくらいの方が女性としてはモテるのかもしれませんね。

2.たまに弱音を吐く

「常にネガティブ発言は面倒くさいけれど、たまに甘えられたりしたらグッときてしまう。」(20歳/大学生)

「いつもはクールな感じの子が急に俺だけに弱音を吐いてきたら「今日はなんかいつもと違うじゃん」とギャップにやられちゃうよね。」(22歳/美容師)

出ました!これが「ギャップ萌」というものですね。男性は女性から頼られることにより喜びを感じます。

「今日は何だか寂しいな」という隙を彼に見せてみましょう。いつもとは違うあなたの雰囲気に彼もドキッとしてしまうはずです。

3.キメ過ぎない

「毎日どんなに早くても化粧もネイルもばっちり、服装もぬかりない女性は俺なんか相手にしないだろうなと思ってしまう。
男としてはたまにはナチュラルメイクとかで親近感を持たせて欲しい。」(25歳/営業)

「確かに毎日綺麗にしている女性は「努力しているんだなぁ」と思うけれど、ちょっとお疲れ気味で朝時間が無くなってしまい「今日服装適当になっちゃった~!」みたいな感じの子の方が一緒にいて楽そうだなって思える。
何か人間味を感じて、彼女にしたいって思いますね。」(26歳/IT関係)

男性側からすると隙があり過ぎるとだらしがなく見えてしまいますし、だからといって毎日気を張っている女性には苦手意識が芽生えるようです。

一見しっかりしていそうなのにどこか抜けているような子がポイント高いようですね。

4.ニコニコしている

「いつも怒ったような表情の女性には入る隙がない。その点、笑顔の子には話しかけたくなりますよね。」(23歳/介護職)

これは男性でも女性でも同じことが言えそうです。「ちょっとでも嫌なことがあるとすぐ顔に出ちゃう…」という方は一度鏡の前で笑顔も練習をしてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?
あまり完璧主義者にならず、適度に肩の力を抜いてみるのが「隙見せ女子」になるための秘訣なのかもしれませんね。

あくまでオンとオフのメリハリをつけることが大切です。
世の中「全て自分で出来れば必ず幸せになれる」というものではないのですから、たまには隙を見せて男性に甘えてしまいましょうね。

(和/ライター)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事